【古堺稔人】死去で死因の病気と家族構成(嫁+子供)は?政務活動費横領報道


立憲民主党の古堺稔人氏が死去していたことが判明したとの報道が流れました。

古堺稔人氏は年齢が57歳の豊島区議で今月の24日に訃報があったとのことです。

FRIDAYでは政務活動費の横領などの文字がありますがそのような疑惑があったのでしょうか。

今回は豊島区議であった古堺稔人氏の死去に関しての話題です。

【古堺稔人】死去

[embedded content]

立憲民主党会派に所属の古堺稔人氏の死去はフライデーが下記のように報じております。

「FRIDAYデジタル」の取材により、5月24日に豊島区議の古堺稔人氏が亡くなっていたことがわかった。享年57。古堺氏は豊島区議会の立憲民主党会派に所属していた。

「今日(27日)の午前中に会派の幹事長が古堺さんの訃報の紙を持ってこられました。『(古堺氏が)病気療養中のところ、逝去されました』という旨が書かれていました」(豊島区議会事務局)

古堺氏は88年に早稲田大学商学部を卒業後、ゴルフ場やスキー場の開発・運営企業や保険代理店などを経て、11年に豊島区議に初当選。15年に一度落選したものの、19年の統一地方選で当選し、再び豊島区議になった。落選中にはNPO法人に勤務して障害者福祉に従事したり、議会では性暴力根絶を目指す決議案に携わるなど、人権派の精力的な区議として知られていた。

前出・区議会関係者が続ける。

「古堺氏にはある疑いがかけられていたのです。それは政務活動費を私的に流用したのではないかというもの。豊島区議会に立憲民主党会派の区議は3人いるのですが、その3人の政務活動費は古堺氏が管理する口座に一括で振り込まれていた。3ヵ月分纏めて振り込まれ、金額は135万円。昨年末に、このうちの一人の議員が自身の事務所の家賃が2ヵ月連続で口座から引き落とされなかったことを不審に思い、調べ始めたのです」

出典:フライデーデジタル

古堺稔人氏に関しては政務活動費に関して流用の疑惑があったとのことです。

古堺氏が政務活動費を管理していたということですが口座の出入記録の開示を求められていたということです。

政務活動費の中からカードローンの返済に115万円を充当していたとのことです。

警察も動いていたということですが真相はどのようなものだったのでしょうか。

死因の病気

古堺稔人氏の死因はどのようなものなのでしょうか。

報道では病気療養中だったとの記述があります。

病気だったとしたらどのような疾患だったのでしょうか。

突然の死去ということですが心筋梗塞などの病気だったのかなどの意見もあるようです。

家族構成(嫁+子供)は?

[embedded content]

古堺稔人氏の家族構成にも関心のあるネットユーザーもいるようです。

死去した古堺氏は年齢が50代後半ということで既に結婚し嫁やお子さんがいてもおかしくないと思われます。

ネット上には古堺氏の家族などに関しての情報がほとんどない状況です。

家族などのデータがあればこちらでも追加でアップしようと思います。

政務活動費

古堺稔人氏に関しては政務活動の横領の記事が衝撃的です。

本当にそのような横領があったのでしょうか。

早稲田大学を卒業した秀才がどうしてこのような横領を疑われるようなことをしたのかなどの意見もあります、。

ネット上には立憲民主党への厳しいコメントもたくさんありますが今後警視庁はどのような動きになるのでしょうか。

多くの国民が政治に関して注目しております。

立民や野党は、自民党議員のお金に関する問題については国会の場で激しく問いただしますが、いざ自党のことになると党内で世間に知らせもせず隱密に処理しています。

こういう問題は、国民に明らかにするため、全ての党は、国会内の懲罰委員会で当該議員に対する質疑を開催すべきです。これは地方議員も議会で市民に公開すべきです。

庇うことで本人を余計に追い詰めたのではないでしょうか。庇った方の立場を守るために謝罪や引責すら認められなかったとしたら、とても残酷な話だと思います。

このことは詳細を調べて、記事にすべきだ。真実を正確に報道するのが報道機関の使命だからだ。

※記事の修正や削除要請は下記よりお願いいたします。





Source link