【虚構新聞!?】政府がNFTに本腰!!? デジタル「岸田トークン」を自民党が配布へ 


2022年05月28日更新

自民党の青年局(青年局長・小倉將信衆院議員)は、27日、NFT(非代替性トークン)やメタバース技術を活用した集会を行うと明らかにした。

5

お気に入りに追加
0

28日に行われる集会で、譲渡や売却ができない形で、岸田首相や小泉進次郎前環境相の顔写真つきのトークン(デジタル上の出席証明・記念バッジ)を配布するほか、6月上旬にはメタバース(3次元の仮想空間)で街頭演説を行う予定だ。小倉青年局長は、「青年局は社内ベンチャーだ。新しいことに取り組むことで、政治のあり方を変えていく大きな第一歩になればいい」と強調した。

NFTとは「Non-Fungible Token」の頭文字を取ったもので、「替えが効かない」ことがポイントだ。例えば、お金や市販品は「替えが効く」が、「原画」などは「替えが効かない」ために高い価値を持つことになる。日本は、アニメやゲーム、漫画など多くのコンテンツを持っているため、NFTビジネスにおいて、世界をリードできる可能性を秘めている。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

【NFTとメタバース①】デジタル資産になぜ数十億円もの価値がつくのか!?世界の未来はどう変わる!?

【動画目次】 00:00 OP 05:22 NFTとは!? 15:16 なぜ話題に!? 19:52 取引所 25:48 ①アート 35:52 ②メタバース 38:27 次回予告 …

みんなの感想

 

 

 

 

 

 



Source link