ボリス・ボンダレフ外交官の顔写真とFacebook!年齢経歴やwikiプロフィールも調査!


2022年5月23日、ロシアの国連代表部に勤務していたロシアの外交官が外務省を退職すると発表しました。

その外交官はボリス・ボンダレフ外交官です。

退職の理由はロシアによるウクライナ侵攻およびプーチン政権に抗議するためです。

このような、政権や侵略への批判を発表した上での外交官の辞職はかなり異例と見られています。

そのため、今ボンダレフ氏に注目が集まっております。

顔写真やFacebookはあるのでしょうか。

また、年齢、経歴、wikipediaやプロフィールは公開されているのかも気になりますね。

そこで、今回は「ボリス・ボンダレフ外交官の顔写真とFacebook!年齢経歴やwikiプロフィールも調査!」と題して、記事を纏めていきます。

ボリス・ボンダレフ外交官の顔写真とFacebook!

ボリス・ボンダレフ外交官の顔写真やFacebookはあるのでしょうか。

調査した結果、FacebookアカウントとTwitterアカウントを見つけました。

Twitterアカウントには下の本人と見られる画像が投稿されていました。

乗馬が趣味なのでしょうか。

このようなお金がかかりそうな趣味があることから、政治家であったことは間違いないでしょう。

Facebookアカウントの方も発見されています。

https://www.facebook.com/basileos.autocrator/posts/6398236966893151

Facebookアカウントでは、今回の辞任についての投稿がされていました。

かなりの長文の投稿であることから、ロシアに対する抗議の意思がかなり強いことが読み取れます。

今後の各SNSへの投稿に注目ですね。

ボリス・ボンダレフ外交官の年齢経歴やwikiプロフィール!

ボリス・ボンダレフ外交官の年齢経歴やwikiプロフィールはどうなのでしょうか。

FacebookやTwitterには、経歴は記載されていません。

本人のwikipediaも存在しておらず、詳しい経歴は不明となっています。

わかっているのは年齢は41才であることのみです。

つまり、ボンダレフ氏は「1981年生まれ」ということになります。

また、Facebookの「20年外務省を見てきた」といった趣旨の発言からも、21才で外交官に就任したことが推察できます。

経歴などについて考察できるのは現段階ではこれが限界です。

また新たな情報が入りましたら記事を更新いたします。

纏め

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ボリス・ボンダレフ外交官の顔写真とFacebook!年齢経歴やwikiプロフィールも調査!」と題して記事を纏めました。

2022年5月23日、ロシアの国連代表部に勤務していたロシアの外交官がロシアによるウクライナ侵攻およびプーチン政権に抗議するため外務省を退職すると発表しました。

その外交官はボリス・ボンダレフ外交官です。

ボリス・ボンダレフ外交官のFacebookアカウントとTwitterアカウントは見つかっています。

そこには、本人の顔写真も見受けられるようです。

Facebookアカウントでは、今回の辞任についての投稿がされており、投稿が長文であることからロシアに対する抗議の意思が強いことが読み取れます。

FacebookやTwitterには、経歴は記載されていません。

本人のwikipediaも存在しておらず、詳しい経歴は不明ですが、年齢は41才であることのみわかっています。

つまり、ボンダレフ氏は「1981年生まれ」ということと、Facebookの「20年外務省を見てきた」といった趣旨の発言から21才で外交官に就任したことが推察できるでしょう。





Source link