【超速報】阿武町給付金4630万円誤送金事件 田口翔容疑者(推定)「ギャンブル止めるために田舎で清貧生活」その実態が明らかに


ギャンブル漬けの生活から抜け出そうと山里に移り住み、“清貧”の暮らしを送っていたところに、ドカンと大金が転がり込んできたとしたら、まさに猫にマタタビ……何とも罪作りな誤送金というほかない。

この1カ月ほど日本中の耳目を集めた“お騒がせ男”がついにお縄となった。山口県阿武町が新型コロナ対策関連の給付金4630万円を誤送金した問題で、同県警は18日、電子計算機使用詐欺容疑で、同町に住む田口翔容疑者(推定)(24)を身柄拘束した。身柄拘束容疑は4月12日、町から自分の銀行口座に入金された4630万円が誤送金と知りながら、スマートフォンを操作してオンライン決済サービスを使い、決済代行業者が東京都江戸川区の金融機関に開設した口座に400万円を振り替え、財産上不法の利益を得た疑い。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/305403





Source link