News

【超絶悲報】「体育座りを廃止して!」 学校で腰痛になる生徒が続出!


2022年05月07日更新

体育の授業や集会でおなじみの「体育座り」。内臓を圧迫し、座骨の痛みが出るなど体には悪影響が多いという指摘がある。集会時の座り方を見直す学校もあり、当たり前だった光景が見られなくなる日が来るかもしれない。

11

お気に入りに追加
0

 島根大大学院教育学研究科の久保研二准教授(39)=体育科教育学=によると、1965年に文部省(当時)が、学習指導要領の解説書として発行した「集団行動指導の手引き」で、「腰をおろして休む姿勢」として写真付きで示されてから広まった。省スペースで手遊びがしにくく「行儀よい姿勢」という印象が浸透したという。

 体への悪影響として、腰痛を引き起こしていることは、研究で明らかになっている。国際医学技術専門学校(名古屋市)の理学療法士・増田一太さん(42)の2014年調査で、主に関西地方の小学5年~高校3年の男女939人の12・7%に腰痛があり、座った時に痛みを訴えるケースが66・4%で、そのうち体育座り時に痛みを感じたのが52・3%だった。

 増田さんは「教育の場で話を聞くことより、姿勢を維持することに焦点が置かれすぎている」と問題視し、「もぞもぞ動くのは、痛みを回避しようとしているため」と解説する。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

体育座り、三角座りはいいんでしょうか 腰痛 足のしびれ 原因

「家庭でできる腰痛セルフ整体」プレゼント中! → https://www.kaifuku-nikoniko.com/present/ 三重県桑名市の「慢性腰痛、足の ...

みんなの感想

 

 

 

 

 

 





Source link

-News
-, ,