【超絶悲報】藤井聡太五冠、大橋貴洸六段に敗れ4連敗 今期の王座獲得消滅し、今年は最高で6冠どまり


2022年05月06日更新

将棋の藤井聡太竜王(王位・叡王・王将・棋聖=19)が自身6つ目のタイトル獲得を目指す第70期王座戦挑戦者決定トーナメント(T)1回戦、大橋貴洸(たかひろ)六段(29)戦が6日、大阪市の関西将棋会館で行われ、後手の藤井が大橋に敗れた

7

お気に入りに追加
0

記事によると

冠を保持する藤井が全8冠制覇まで残るタイトルは名人、王座、棋王の3つ。タイトルホルダーの藤井は、王座戦の1、2次予選を免除され、挑戦者決定Tから登場した。

振り駒で先手となった大橋が戦型を「矢倉」に誘導すると、藤井が受けて立つ。昼食休憩前に前例のない局面になり、両者の指し手はスローダウン。難解な中盤戦、藤井は惜しみなく時間を使った。一直線の攻め合いとなった終盤、藤井は72手目、角取りの金を放って、攻め込む。一時、優勢を築いたが、持ち時間5時間を使い切り、1分将棋に突入。最終盤に逆転され、押し切られた。

6冠ロードの第一関門でつまずいた。藤井と大橋は16年10月に四段に昇段した同期。藤井は過去2勝3敗と苦手にしていた相手だった。これで“藤井キラー”に4連敗となった。

全8冠制覇の道程は過酷だ。保持する5タイトルをすべて防衛し、棋王を獲得し、今期から昇級した順位戦A級で名人戦の挑戦権を獲得して初めて、23年春に名人戦7番勝負に挑むことができる。その時点で7冠を獲得していれば、来期の王座戦で「全8冠制覇」を目指すことになる。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

 

 

 

 

 

 



Source link