×

【特定は?】美人局で大学生転落死の中学生の顔や名前は?無罪判決が物議

【特定は?】美人局で大学生転落死の中学生の顔や名前は?無罪判決が物議


2024
5/09

スポンサーリンク

2024年2月12日、大阪市で中学生たちが「美人局」の手口を使って大学生を脅迫し、結果的に転落死させる事件が発生しました。

犯行に関わった中学生の顔や名前は、少年法によって保護されており、一般には公表されていません。しかし、無罪判決が出たことから、ネット上では「美人局 中学生 特定」というワードで検索する人が増え、事件への関心が高まっています。

特に、被害者の死亡と無罪判決を受け、法律の見直しや中学生の個人情報の公開を求める声が続々と上がっています。この記事では、事件の概要や判決に対する反応を詳しく解説します。

この記事のポイント

  • 大学生転落死事件の概要と中学生たちが行った「美人局」の手口について
  • 中学生犯人たちの顔や名前が少年法により保護されている現状について
  • 大阪家裁での無罪判決が物議を醸し、批判が集まっていることについて
  • ネット上で「公表するべき」「法律を変えるべき」といった声が高まっていることについて

目次

スポンサーリンク

美人局で大学生転落死で無罪の判決が物議

  • 事件の概要
  • 美人局とは
  • 無罪判決が物議を醸している

事件の概要

https://news.yahoo.co.jp/articles/11546ea627055843e99e3861e08a5f71f0055bdb

この事件は、2024年2月12日に大阪市中央区で発生しました。ある中学生たちが「美人局」として、22歳の大学生をだまし、恐喝や暴行を加えた結果、被害者が隣接するビルへ飛び移ろうとして転落死したものです。

美人局とは

https://dime.jp/genre/981302/

「美人局」とは、詐欺の一種で、一般的には美人や魅力的な異性が被害者に近づき、関係を持った後で共犯者が現れ、被害者を脅して金銭や物品を巻き上げる手口のことを指します。

通常、異性に興味を持った人をターゲットにし、共犯者が恋人や家族のふりをして「未成年に手を出した」「不倫だ」などと脅迫し、示談金や慰謝料を要求するという形が多いです。

この手口は、被害者が恥ずかしい思いをしたり、社会的な立場を失いたくないと考える心理を巧みに利用するのが特徴です。

無罪判決が物議を醸している

「無罪」の紙を見せる人のイラスト「無罪」の紙を見せる人のイラスト

2024年5月8日、大阪家裁で美人局の手口を使って大学生を転落死させたとされる中学生の少年(15歳)に対し、「監禁の故意は認められない」という理由で無罪判決が下されました。この判決を受け、被害者がビルの階段に追い詰められ、飛び移った際に転落死したことから、「無罪はおかしい」「意図がなかったとは信じがたい」として、ネット上では判決に対する批判や、法律の見直しを求める声が相次いでいます。

また、少年の行為が監禁に該当するかどうかも議論されており、一般市民の視点からは「逃げ場のない場所に誘い込んだだけで十分ではないか」という疑問が多く寄せられていて、今回の無罪判決が世間の常識に反していると考える人が多いようです。

スポンサーリンク

犯人の中学生の顔や名前は特定されている?

  • 犯人の中学生の顔や名前について
  • 「公表するべき」「法律を変えるべき」という声

犯人の中学生の顔や名前について

美人局の手口で大学生を転落死させた犯人の中学生の顔や名前は、少年法により公表されていません。少年法は18歳未満の未成年者の個人情報を保護し、更生の機会を与えるため、基本的に名前や顔写真などの情報を公開しない方針を取っています。

事件の容疑者として逮捕されたのは14歳の女子中学生15歳の男子中学生であり、当時13歳だったもう一人の少年も事件に関与していたとされています。しかし、個人情報が公開されないため、犯人の顔や名前を特定することはできない状況です。

以下は現時点で判明している特定情報です。

女子中学生

  • 名前:非公開
  • 年齢:14歳
  • 学年:中学2年生
  • 住所:大阪市中央区

男子中学生 ①(今回無罪判決が出た少年)

  • 名前:非公開
  • 年齢:15歳
  • 学年:中学3年生
  • 住所:堺市北区

女子中学生とは、SNSを通して知り合ったとのこと。

男子中学生 ②

  • 名前:非公開
  • 年齢:当時13歳(現在は14歳?)
  • 学年:中学2年生
  • 住所:大阪市中央区

逮捕された女子中学生と同い年の中学2年生でしたが、おそらく早生まれで事件当時13歳だったことから、逮捕されずに児童相談所に通告で済んでしまいました。逮捕された女子中学生とは、交際関係にあったそうです。さらには、この美人局事件の主犯がこの少年でした。

「公表するべき」「法律を変えるべき」という声

横断幕を持って訴える人のイラスト横断幕を持って訴える人のイラスト

美人局で大学生を転落死させた中学生たちの無罪判決を受け、インターネット上では「名前や顔を公表するべき」「少年法を見直して厳罰化すべき」という声が多く挙がっています。特に、被害者が死亡していることから、加害者の中学生が少年法に守られて顔や名前が非公開となっていることへの批判が強まっています。

一部の人は、「少年法は未成年者の更生を支援するためのものであるが、凶悪事件を起こした場合は適用を除外すべきだ」と主張しており、法律自体を見直すべきだとしています。また、今回の事件で無罪判決が出たことに対しても、ネット上では「無罪は納得できない」「無罪では再犯の恐れがある」といった意見が見られます。

これらの声は、重大な犯罪を犯した未成年者に対する処遇や、少年法の適用範囲について見直しを求める意見が多いことを示しています。特に、事件の被害者やその遺族の心情を重視する声が多く上がっているため、今後の少年法のあり方が注目されています。

スポンサーリンク

美人局の中学生の特定まとめ

この記事のまとめ

  • 事件は2024年2月12日に大阪市中央区で発生した
  • 中学生らが美人局の手口で大学生を脅迫し、転落死させた
  • 無罪判決が出たのは2024年5月8日である
  • 少年法により中学生の顔や名前は公表されていない
  • 14歳の女子中学生と15歳の男子中学生が逮捕されている
  • 事件当時13歳の少年も関与していたが、児童相談所に通告されただけである
  • 逮捕された女子中学生と13歳の少年は交際関係にあった
  • 中学生の主犯は事件当時13歳であった
  • 無罪判決に対し、批判の声や法律の見直しを求める意見がある
  • 「少年法を見直し厳罰化すべき」という声が多く上がっている

スポンサーリンク



Source link