×

【批判殺到】環境省、水俣病患者との懇談中マイク切る→伊藤環境相の帰りの新幹線に間に合わせるためだった 批判殺到し謝罪 : まとめダネ!

【批判殺到】環境省、水俣病患者との懇談中マイク切る→伊藤環境相の帰りの新幹線に間に合わせるためだった 批判殺到し謝罪 : まとめダネ!


環境省、水俣病患者との懇談中マイク切る→伊藤環境相の帰りの新幹線に間に合わせるためだった 批判殺到し謝罪

 今月1日にあった水俣病患者らの団体との懇談の場で、環境省がマイクの音を切るなどして団体側の発言を遮った問題をめぐり、環境省は7日、近く団体側に直接謝罪する意向を明らかにした。林芳正官房長官も対応は「適切でなかった」との認識を示した。

 懇談相手だった伊藤信太郎環境相による謝罪は現時点で予定されていないという。

 現地で司会を務めた、環境省の木内哲平・特殊疾病対策室長によると、懇談の場では各団体が話す時間を3分と設定。伊藤環境相の帰りの新幹線に間に合わせるため、時間を超えるとマイクの音を切る運用を決めていた。このため、時間経過後に環境省の職員が2団体に対し計2回、マイクの音を切ったという。

出典:環境省、水俣病患者らに謝罪へ 懇談中マイク切る 「不適切だった」:朝日新聞デジタル

みんなの声

コメントを投稿する





Source link