Appleのサプライヤーは3月にiPad用のミニLEDパネルの製造を開始すると報じられている

by tobiniumu
0 comment


AppleがiPadラインをミニLEDパネルに移行するという噂はかなり前から広まっています。(噂の)発売は当初2020年後半を目標としていましたが、それは今年に押し戻されました。 そして、それはついに起こっているかもしれません。

DigiTimes Ennostarは、この四半期の終わり(つまり、3月)にミニLEDパネルの量産を開始すると報告しています。 これは、新しいiPad Pro(11および12.9インチ)が 3月に発表

Proタブレットが最初にミニLEDを採用したと言われ、MacBookがそれに続きます( 今後の14インチと16インチのMacBookPro、おそらく、しかしそれは確かではありません)。 同社はまた、ウェアラブル用の別のテクノロジーであるマイクロLEDに興味を持っていると長い間報告されています(そしておそらくiPhoneの場合もある日)。

ミニとマイクロの違いは何ですか? 実際、かなりの量です。 ミニLEDパネルは、現在のパネルよりもローカル調光ゾーンが多いLCDのようなものです。数十ではなく、数百(または数千)あります。 ただし、それでも液晶層が必要になります。 Micro-LEDはそれをすべて落とし、代わりにOLEDと同じように発光ピクセルを持っています。 主な違いは、マイクロLEDが有機材料を使用していないため、より明るく、電力効率が高いことです。

ソース (ペイウォール)| 経由



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment