新しいOculusQuest機能を使用すると、VRで実際のソファにマークを付けることができます

by tobiniumu
0 comment


新しいOculusQuest機能は、VRに表示されるオブジェクトとして実際のソファをマークできるようにすることで、ヘッドセットのGuardianモードを拡張します。 GuardianはOculusの安全機能であり、環境の周囲に線を引き、仮想境界として機能し、エッジに近づきすぎるとVRに表示されます。 このカウチモードは、ガーディアンが単なる床面積の測定以上のものとして機能したのは初めてです。

UploadVR レポート 片側に触れ、仮想の青い長方形をドラッグして正しいサイズを定義することで、ソファや椅子に印を付けることができます。 これを行うと、Oculusホームメニュー環境では3Dモデルのソファとして表示され、アプリやゲームでGuardian機能を使用する場合は同じ青い長方形として表示され、その位置はの一部として保存されます。ガーディアンシステム。

これをクールにするのは、ソファがスペースを制限する障害物としてではなく、Guardianシステムの拡張として機能できるようになったことです。 以前は、誤ってソファに足を踏み入れないように、ソファの前にガーディアンの境界線を、その上のスペースが固い壁であるかのように描画する必要がありました。 しかし、ガーディアンの端に移動して、その外側のソファを見ると、 UploadVR レポートでは、単に座って「ソファモード」に切り替えるように求められるので、ゲームまたはアプリはあなたが座っていることを認識します。

ただし、この機能はまだ初期段階です。ソフトウェアバージョン26の一部としてクエスト設定メニューに「実験的」と表示されており、私たちを含むすべての人にまだ公開されていません。



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment