ソニーは、PlayStation5向けの次世代バーチャルリアリティヘッドセットを発表しました

by tobiniumu
0 comment


結論: 4年強かかりましたが、ソニーはついにオリジナルのPlayStationVRプラットフォームのフォローアップを発表しました。 次世代ヘッドセットは、新しく鋳造されたPS5用に設計されており、まだ多くの作業が残っていることを考慮すると、早くても2022年まで発売されません。

ソニーは火曜日に、PlayStation5専用に設計された新しいバーチャルリアリティヘッドセットを開発していることを確認しました。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプラットフォーム企画・管理担当シニアバイスプレジデント西野英明 前記 次世代VRシステムは、「パフォーマンスと双方向性の劇的な飛躍」を可能にし、ゲームの世界での没入感と存在感をさらに高めます。

ソニーがオリジナルを発売 PlayStation VR 2016年後半にPlayStation4向けにヘッドセットも同社の新しいコンソールと上位互換性がありますが、次世代のバイザーは、解像度、視野、追跡、入力の強化により、物事をまったく新しいレベルに引き上げます。 セットアップを簡素化し、使いやすさを向上させるために、ユニットは1本のコードでPS5に接続します。

西野氏は、まだ多くの作業が残っていることを考慮して詳細には触れませんでしたが、エグゼクティブは、バンドルには、DualSenseワイヤレスコントローラーで使用される主要な機能の一部を借用する新しいVRコントローラーが含まれると述べました。 また、人間工学にも焦点を当て、マラソンのゲームセッションを体で少し簡単にするのに役立つはずです。

発売日と価格の詳細は共有されていませんが、西野氏は2021年には準備ができていないと言っていたので、PS5を最初に手に入れるにはまだ十分な時間があります。

画像提供 RMC42モーセンヴァジリ



Source link

You may also like

Leave a Comment