インドネシアが外交を強化する中、ミャンマーはさらに多くの抗議行動を起こす| 抗議ニュース

by tobiniumu
0 comment


インドネシアが政治危機からの道を切り開くために他の東南アジア諸国の間で外交連合を構築しようとしたので、ミャンマーは水曜日に軍事政権に対するさらなる抗議の準備ができています。

今週は月曜日に大規模な集会が開かれ、2月1日のクーデターを非難し、対立によって人々が殺される可能性があるという当局からの脅迫にもかかわらず、選出された指導者アウンサンスーチーの釈放を要求するゼネストがあった。

火曜日の集会は全体的に少なかったが、水曜日にミャンマー最大の都市ヤンゴン北部のマヤンゴンで多民族集会が計画された。

リークされたミャンマー政府の文書によると、外交努力を開始するための入札のように見えたものの中で、インドネシアの外相レトノ・マルスディは、将軍が権力を掌握して以来、外国の使節による最初の既知の訪問で木曜日にミャンマーに飛ぶ予定です。

しかし、彼女の訪問は、軍との合意が、アウンサンスーチーの国民民主連盟(NLD)が11月の世論調査の結果を勝ち取ったという彼らの要求を損なう可能性があることを懸念する一部の民主化活動家には歓迎されないかもしれません。地滑り、尊重されます。

選挙委員会は証拠を発見しておらず、不特定の日に新しい世論調査を行うと述べたが、将軍は選挙で詐欺を主張した。

レトノは東南アジアでミャンマーに関する特別会議の支援を構築しようとしており、情報筋はロイター通信社に、ジャカルタが将軍が「公正で包括的な選挙」を確実に実施するためにモニターを送ることを提案したと語った。

火曜日にヤンゴンにあるインドネシア大使館の外に何百人もの人々が集まり、選挙提案に反対を表明し、ミャンマーのイスラム教徒コミュニティのメンバーは水曜日に別の抗議を行う予定でした。

バンコクのインドネシア大使館の外の抗議者は、東南アジアの外交官にミャンマーの11月の選挙の結果を尊重するよう促した [Soe Zeya Tun/Reuters]

ミャンマーを拠点とする活動家グループであるFutureNation Allianceは声明の中で、Retnoの訪問は「軍事フンタを認めることに等しい」と述べた。

同グループは、「対外関係の唯一の責任者」に任命された、転覆した立法府によって設立された連邦議会代表委員会(CRPH)の代表であるHtin LinAungに会うことを外国当局に要求した。

インドネシア外務省のスポークスマンは火曜日にレトノはタイにいて、その後この地域の他の国に旅行するかもしれないと言ったが、どちらの声明も確認できなかった。 以前、彼はインドネシアが新しい選挙を行うことに賛成していないと言った。

「脅迫」

火曜日の7つの豊かな国のグループ(G7)は、週末に2人の抗議者が死亡した後、クーデターに反対する人々の脅迫と抑圧を非難しました。

同グループの外相は共同声明のなかで、「暴力を伴う平和的な抗議に対応する者は誰でも責任を問われなければならない」と述べた。

軍は、アウンサンスーチーと党指導部のほとんど、および選挙委員会のメンバーを拘束した。 また、過去10日間にインターネットの停電が発生しました。

月曜日の与党評議会との会談で、軍のチーフシニアジェネラルミンアウンフラインは、経済に焦点を当て、州の支出と輸入の削減を求めた。

「評議会は、国の病んでいる経済を復活させることにそのエネルギーを注ぐ必要があります。 経済的救済措置を講じる必要がある」と述べた。

ミン・アウン・ラインは、抗議行動を経済問題に直接結び付けなかったが、警察は毎日のデモに対処するためにゴムでコーティングされた弾丸などの最小限の力を使用していると述べた。

治安部隊はこれまでのところ、以前の抗議行動中よりも多くの抑制を示してきた。 1988年と2007年に、民主主義を推進した人々は残忍な力に遭遇しました。

それでも、今回は3人の抗議者が射殺された。 軍は、1人の警官が抗議中に受けた負傷で死亡したと述べた。

軍は抗議者を暴力を誘発したとして非難したが、国連特別報告者のトム・アンドリュースは月曜日に「息をのむような」投票率で行進した何百万人もの人々が軍の脅威に立ち向かう準備ができていることを示したと述べた。

西側諸国は今週、欧州連合が軍が所有する企業を対象とした制裁措置を検討していると警告し、将軍への圧力を強めようと努めてきた。

米国は、クーデターに関与したさらに2人の士官に制裁を課し、さらに行動を起こす可能性があると警告した。

メディアは、伝統的に軟調な方針をとってきた隣国の中国は、いかなる国際的行動も安定に貢献し、和解を促進し、状況を複雑にすることを避けるべきだと述べた。





Source link

You may also like

Leave a Comment