ErudiFiは東南アジアの学生にさらに多くの教育資金調達オプションを提供するために500万ドルのシリーズAを調達– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


シンガポールを拠点とし、 ErudiFi 東南アジアのより多くの学生が手頃な資金調達オプションを提供することにより、学校にとどまるのを助けたいと考えています。 スタートアップは本日、Monk’s HillVenturesとQualgroが共同で主導する500万ドルのシリーズAを調達したと発表しました。

ErudiFiは現在、インドネシアとフィリピンの50を超える大学と専門学校と協力しています。 共同創設者兼最高経営責任者のNagaTanはTechCrunchに、これらの国の学生は資金調達の選択肢が限られており、友人や家族、または高金利を請求する非公式のペイデイローンに頼ることが多いと語った。

よりアクセスしやすい資金調達オプションを提供するために、ErudiFiは認定された大学や学校と提携して、コストを抑えながらスケールアップする技術を使用して、補助金付きの分割払いプランを提供しています。 金利と返済条件は機関によって異なりますが、0%まで低くすることができ、ローンは12〜24か月で支払われます。

ErudiFiは、学生に手頃な資金計画を提供することで、学校での定着率を高め、経済的な問題のために脱落を余儀なくされる学生を維持するのに役立ちます。

タン氏は、教育機関に対するErudiFiの価値提案は、「学生の採用と維持に役立つデータ駆動型の資金調達ソリューションを提供できることです。 私たちの製品は、彼らが利用できる唯一ではないにしても、手頃な資金調達オプションの1つであるため、学生にも大きなメリットがあります。」

Monk’s HillVenturesの共同創設者兼マネージングパートナーであるPengT。Ongは、記者会見で次のように述べています。「手頃な高等教育へのアクセスは、コストが1人あたりの平均GDPのほぼ2倍である東南アジアでは依然として大きな問題です。 ErudiFiは、従来の金融機関による高金利とピアツーピアの貸付会社からのリーチの制限に悩まされているサービスの行き届いていない市場に取り組んでいます。」

ErudiFiのシリーズAは、製品チームとエンジニアリングチームの採用、およびインドネシアとフィリピンでの拡大に使用されます。



Source link

You may also like

Leave a Comment