ロスレスのCD品質のオーディオで今年後半に到着するSpotifyHiFi

by tobiniumu
0 comment


SpotifyはSpotifyHiFiを発売する計画を発表しました。これにより、最終的にロスレスオーディオのストリーミングが可能になります。

Spotifyは、新しいHiFiモードにより、既存のデバイスとSpotifyConnect対応スピーカーで「CD品質」のオーディオが有効になると主張しています。 同社は、HiFiモードのビットレートとコーデックに関する詳細については触れませんでした。 Spotifyは現在、デスクトップとモバイルでOgg Vorbisを使用し、WebプレーヤーでAACを使用しています。

同社はしばらくの間ロスレスオーディオをテストしており、2017年の初めからA / Bテストに選ばれたユーザーが選ばれました。現在、Tidal、Amazon、Quobuz、Deezerなどのロスレスオーディオを提供するサービスに参加しています。 これらのほとんどは、オーディオCDの技術的限界を超える高解像度オーディオも提供します。これは、「CD品質」が意味するように、Spotifyが16ビット/44.1kHzオーディオのみに制限することを選択した場合に有利になります。

このリストから特に欠​​落しているのはAppleであり、AppleMusicストリーミングサービスまたはiTunesストアのいずれかを通じてロスレスオーディオを提供することにまだ関心を示していません。 これが、Spotifyがロスレスオーディオサポートを最終的に展開することを選択した理由である可能性があります。これは、Appleの急成長している代替手段に対してさらに別の差別化要因を提供するためです。

残念ながら、SpotifyHiFiは発売時にすべての人が利用できるわけではありません。 同社は、今年後半に公開されるときに、一部の市場でのみこの機能を展開することを明らかにしました。 ただし、他のストリーミングサービスの損失のない階層は一般に世界中の特定の地域でのみ提供されており、ラベルとのライセンス契約が原因である可能性があるため、これはこの業界を密接にフォローしている人にとってはそれほど驚くべきことではありません。

これについての詳細は、将来的に発表される予定です。

ソース



Source link

You may also like

Leave a Comment