EmortalはVintCerfの支援を受けて、デジタルレガシーを「ビット腐敗」から保護したいと考えています– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


私たちは皆、データをクラウドに送り出している。 その一部は永遠に残しておきたいものです。 エモータル は、「デジタルレガシー」を整理、保護、保存、継承し、「ビット腐敗」とも呼ばれる読み取り不能にならないように保護したいと考えているスタートアップです。 プロジェクトは伝説からの支援を受けています 鹿が来た、インターネットの共同作成者および創設者の1人。

エンジニアリングの研究開発に10年以上携わってきたEmortalは、「友人や家族」から570万ドルを調達しました。 現在、270万ドルを調達しています クラウドファンディング 英国のCrowdcubeプラットフォームで、ベータテストが成功したとのことです。

同社はGoogleアーキテクチャを使用して、写真、ドキュメント、通信、ビデオ、インタビューなどのデジタルメモリを将来にわたって無期限に保存します。 これにより、オペレーティングシステム、デバイス、テクノロジーが進化しても、デジタルレガシー全体が安全で、安全で、アクセス可能な状態を維持し、選択したユーザーだけがアクセスできるようになります。

画像クレジット: エモータル

このプラットフォームは、今年の第3四半期に英国と米国で発売される予定であり、撮影したすべての写真を保存するのではなく、洗礼式で写真を撮るときなど、時折考慮される用途向けに設計されます。 月額4.99ポンドの定額の標準サブスクリプション料金が請求されます。

サーフ氏は声明の中で次のように述べています。「Emortalの提案の要は、データの保存とデジタルのレガシー保護を結び付けて、デジタルメモリが安全で次世代にアクセスできるようにすることです。」

Emortalの創設者兼CEOであるColinCulrossは、次のように述べています。「Emortalはすべての家族向けに設計されたサービスであるため、この昇給にはCrowdcubeプラットフォームを使用したいと考えています。 ビジネスを成長させるための最も強力な方法は、何千ものお客様にビジネスに投資してもらうことだと信じています。」



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment