サムスン870EVO SATA SSDレビュー:必要な速度、適正価格

by tobiniumu
0 comment


サムスンは、同社が市場に参入した日からSSDストレージフードチェーンのトップであり、870EVOはその伝統を尊重しています。 これは、私たちがテストした中で最速のSATA SSDであり、最大4 TBの容量で利用でき、その速度を考えると非常に手頃な価格です。

仕様と価格

870 EVOは、Samsung独自のTLC(トリプルレベルセル/ 3ビット)V-NANDを採用した2.5インチSATA 6GbpsSSDです。 同社は通常、実際のコントローラーテクノロジーやレイヤー数については気が利いていますが、容量から判断すると、92または96レイヤーのSamsungが設計した社内コントローラーである可能性があります。

ドライブは、250GB / $ 50、500GB / $ 80、1TB / $ 140、2TB / $ 270、および4TB / $ 520フレーバーで出荷されます。 250GBの容量ごとに512MBのプライマリDRAMキャッシュがあり、ドライブの定格は150TBW(書き込み可能なTeraBytes)または5年間のサービスのいずれか早い方です。 つまり、TBW定格を超えると、5年間の保証は無効になります。 ほとんどのエンドユーザーはそれほど多くのデータを書くことに近づくことはないので、5年と考えてください。

サムスン

サムスンの870EVOは、価格は高くなりますが、全体的なパフォーマンスが870QVOから一歩進んだものです。

870 EVOは、SamsungのTurboWrite可変セカンダリキャッシュアルゴリズムを使用します。このアルゴリズムでは、メインNANDが電圧レベルごとに1ビットのみを書き込むことでSLCとして扱われます。 これにより、ドライブが最大容量に近づくまで、最高の書き込みパフォーマンスが可能になります。 経験則として、SSDを使用する場合は、容量の75%未満にとどまる必要があります。そうしないと、パフォーマンスが低下します。

パフォーマンス

870 EVOは、これまでにテストしたSATA SSD全体で最速であることが証明されました。これは主に、小さなファイルでの優れたパフォーマンスによるものです。 はるかに高速なNVMeテクノロジーで見られるのと同じ種類の違いについて話しているわけではありません。6GbpsSATA自体が制限テクノロジーです。 数値は、すべての最上位SATAドライブで非常に似ています。 とは言うものの、870 EVOは多くのタスクを1〜2秒短縮し、長期的にはそれを合計します。

2019年を含めたことに注意してください Seagate IronWolf 110 比較では、すべてのフェーズで870EVOに対応できる数少ないドライブの1つです。 ただし、これは大幅に高価であり、SMBまたは企業向けに設計されています。

870 evo cdm6縫う IDG

持続的な読み取りと書き込みはSATAバスによって制限されるため、ここに示す統計的に意味のない違いです。 ただし、450GBテストをチェックして、870QVOがどこに遅れているかを確認してください。

上記のように、持続的な書き込みまたは読み取りのパフォーマンスに関しては、競合他社の間でわずかな違いがあります。 ただし、以下に示すように、設計能力とコンポーネントは、ランダム/スモールファイルのパフォーマンスに違いをもたらす可能性があります。

870 evo cdm 6 rnd IDG

870 QVOは、卓越した小さなファイルパフォーマンスを提供しますが、一部のテストではQVOのいとこに負けています。

CrystalDiskMark 6の持続スループットテストと同様に、48GB転送のドライブ間の違いはわずかでした。 870 EVOは、12秒、つまり約2パーセントで勝利を収めました。



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment