クルーズは自動運転車でマイクロソフトと提携

by tobiniumu
0 comment



(写真:クルーズ)

ゼネラルモーターズの自動運転車子会社であるCruiseは、Microsoftと提携して自動運転車を商品化すると発表した。

「より安全で、より良く、より手頃な交通手段をすべての人に提供するという私たちの使命は、単なる技術競争ではなく、信頼競争でもあります。」 クルーズCEOのダンアンマンは言った。 「マイクロソフトは、信頼できる技術の民主化のゴールドスタンダードとして、自動運転、全電気、共有車両のフリートを商品化する際の力の乗数になるでしょう。」

実際には、これはMicrosoftがCruiseの優先クラウドプロバイダーとして選択されていることを意味します。したがって、Cruise車両はMicrosoftのAzureクラウドインフラストラクチャに依存します。 クラウドコンピューティング ニーズ。 マイクロソフトはまた、同社への(GMとホンダとともに)20億ドル相当の新規株式投資に参加し、同社の評価額は300億ドルになります。

MicrosoftのCEOであるSatyaNadellaは、次のように述べています。「デジタルテクノロジーの進歩により、人や物の移動方法など、仕事や生活のあらゆる側面が再定義されています。CruiseおよびGMが推奨するクラウドとして、Azureのパワーを活用してそれらを支援します。規模を拡大し、自律輸送を主流にします。」

このコラボレーションはCruiseに重点を置いていますが、Microsoftは、ゼネラルモーターズが推奨するクラウドプロバイダーにもなり、同社のストレージ、AI、機械学習のニーズを支援することに重点を置いています。 GMはまた、パートナーシップを通じてデジタルサプライチェーンを改善し、生産性を向上させたいと考えています。

GMの会長兼最高経営責任者であるメアリーバーラは、次のように述べています。 「マイクロソフトは、Cruiseの全電気式自動運転車の商品化を加速し、GMが2025年までに世界で30台の新しい電気自動車を発売し、成長を促進する新しいビジネスとサービスを創出することで、クラウドコンピューティングからさらに多くのメリットを実現できるよう支援します。」



Source link

You may also like

Leave a Comment