エクアドルの刑務所暴動で50人以上が死亡、数十人が負傷| 犯罪ニュース

by tobiniumu
0 comment


当局者は、ライバルギャング間の銃とナイフの戦いが月曜日の夜に国内の3つの異なる刑務所で勃発したと述べた。

エクアドルの刑務所は、3回の刑務所暴動で50人以上が殺害され、数十人が負傷した後、警戒態勢が整ったと警察は火曜日に述べた。

当局によると、グアヤキル、クエンカ、ラタクンガの3つの都市にある刑務所で暴動が発生した。 暴力は刑務所内のライバルギャング間の紛争によって引き起こされたと当局者は言った。 地元メディアは、囚人が銃とナイフを使って殺されたと報じた。

警察の総司令官パトリシオ・カリロは火曜日にツイッターで、支配を取り戻すために追加の治安部隊が刑務所に派遣されたと述べた。 Carrilloは、暴動には安全性の高い囚人が関与していると述べた。

「現在、すべての刑務所には制限と管理があります」とCarrilloは書いています。

翻訳:今日グアヤスで発生したイベントを考えると、アスアイとコトパクシ@PoliciaEcuadorはそれらの制御を管理しています。 現在、50人以上の死者の報告があります。 引き続きお知らせします…

伝えられるところによると、囚人が刑務所の看守を人質に取った後、暴動は月曜日の夜に噴火した。

地元メディアは、いくつかの救急車が刑務所を離れるのが見られ、暴動のニュースが公表されると、何十人もの囚人の親戚が刑務所の外に集まり、何が起こっているのかについてより多くの情報を得たと報じた。

ソーシャルメディアで流布している画像やビデオは、囚人が刑務所の屋上に集まっており、警察官がオートバイや刑務所周辺のパトカーに乗っていることを示しています。

エクアドルのレニン・モレノ大統領はツイートの中で、ギャングが「国内のいくつかの刑務所で同時に暴力行為を行った」と述べ、政府大臣のパトリシオ・パズミノ・カスティージョと協力して、警察は刑務所の管理を取り戻すために働いていると述べた。

翻訳:犯罪組織は、国内のいくつかの刑務所で同時に暴力行為を行った。 @PoliciaEcuadorは、政府大臣@ ppazminoecと協力して、グアヤキル、クエンカ、ラタクンガの刑務所の管理を取り戻すために取り組んでいます。





Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment