珍しいヴァイオリンがナチスの過去を贖うというドイツのコミットメントをテスト

by tobiniumu
0 comment


ベルリン— 1938年1月、ユダヤ人の音楽用品販売店であるフェリックスヒルデスハイマーが、ドイツのシュトゥットガルトにあるショップで、クレモネーゼの巨匠ジュゼッペグアネリが作った貴重なバイオリンを購入した理由は誰にもわかりません。ナチスのボイコットと彼の2人の娘はその後まもなく国を逃れた。 彼の孫は、ヒルデスハイマーがオーストラリアでバイオリンを売ることを望んでいた可能性があると言います。オーストラリアでは、彼と妻のヘレンが、次女と新しい生活を築くことを計画していました。

しかし、オーストラリアのビザを取得するための夫婦の努力は失敗し、ヒルデスハイマーは1939年8月に自殺しました。80年以上後、彼の300年前のバイオリン(約185,000ドル相当)は、ドイツを弱体化させる恐れのある論争の中心にあります。ナチスによって略奪されたオブジェクトを返すというコミットメント。

ナチスが略奪した文化財の返還に関する政府の諮問委員会 2016年に決定 ヴァイオリンはほぼ確実にヒルデスハイマーによって強要されて売られたか、ナチスの死後に押収された。 楽器に関する最初のケースでは、パネルは、現在の所有者であるフランツ・ホフマンと音楽教育機関であるソフィー・ハーゲマン財団がディーラーの孫に10万ユーロ、約121,000ドルの補償金を支払うことを推奨しました。 その見返りに、財団は、才能のあるバイオリンの学生に貸す予定の楽器を保管することができました。

しかし、財団は支払いを拒否しています。 最初に資金を調達できなかったと言った後、それは 現在、委員会の決定に疑問を投げかけています。 1月20日の声明で、財団は「現在の情報」は、ヒルデスハイマーが以前考えられていた1937年ではなく1939年まで事業を放棄することを余儀なくされなかったことを示唆していると述べた。 そのため、声明は、「バイオリンは彼の音楽店で小売製品として販売されたと想定する必要があります」と付け加えました。

先週、諮問委員会は忍耐を失い、ハーゲマン財団にその勧告に従うよう圧力をかけることを目的とした公式声明を発表しました。

「双方はこれを公正かつ公正な解決策として受け入れた」と声明は述べ、「委員会の勧告を遵守するという真剣なコミットメント」を示さなかったという根拠を非難した。 ユダヤ人のディーラーが完全に通常の条件下でバイオリンを販売したことを示唆することによって、勧告に異議を唱える努力は、「財団はナチスの略奪された芸術の返還に関する既存の原則に違反しているだけではない」とパネルは述べた。 、「それはまた、ナチスドイツでの生活について受け入れられている事実を無視しています。」

財団の支払い拒否は、ナチスが略奪した芸術の主張を処理するためのシステムを危険にさらしています。これは、ほぼ20年間実施されており、公立美術館からの作品の返還につながり、2019年にはドイツ政府自身の芸術コレクションからの2枚の絵画が返還されました。 。

議員たちは、ワシントン原則を承認した後、2003年にパネルを設置しました。これは、ナチスによって芸術が没収された戦前の所有者とその相続人のための「公正かつ公正な」解決策を求める1998年の国際協定です。 所持品が没収されたユダヤ人の家族は、時効と盗品の誠実な購入者を保護する規則のために、ドイツの裁判所で略奪された文化財を回収することに成功することはめったにありません。 したがって、政治の犠牲者と争われている文化財の所有者との間で仲裁を行う諮問委員会は、多くの場合、原告の唯一の頼みの綱です。

しかし、委員会は裁判所ではなく、その勧告を執行する法的権限を持っていない、とパネルの議長でドイツの憲法裁判所の前大統領であるハンス・ユルゲン・パピエはインタビューで説明した。

「代わりに、それは仲介者の機能を持っています」と彼は言いました。 「これまでのところ、公的機関が委員会のプロセスに提出し、その勧告を実施することを期待することができました」と彼は付け加えました。 「それが機能しなくなった場合、私たちの観点からは受け入れられません。」

ヒルデスハイマーの購入後、グァルネリのヴァイオリンのトラックは1974年まで姿を消し、ドイツ西部のケルン市のショップで再登場し、ヴァイオリニストのソフィー・ハーゲマンによって購入されました。 彼女は2010年に亡くなり、作曲家の夫の仕事を促進し、若いミュージシャンを支援するために設立した財団に遺贈しました。

それ以来ヴァイオリンを修復したハーゲマン財団は、彼女の死後、以前の所有権を調査し始めました。 1938年から1974年までの出所のギャップに注目して、ヒルデスハイマー家についてのより多くの情報を見つけることを期待して、ナチスが略奪した文化財のドイツ政府データベースに楽器を登録しました。 アメリカのジャーナリストが音楽ディーラーの孫を追跡し、財団はその事件を諮問委員会に提出することに同意した。

委員会が2016年に、ヴァイオリンが強要されて販売されたか、ヒルデスハイマーの死後に押収された可能性があると裁定したとき、ハーゲマン財団はその条件を受け入れ、ヴァイオリンを貸した学生がヒルデスハイマーで定期的にコンサートを行うことも約束しましたメモリ。

しかし、先週の諮問委員会の声明は、10万ユーロの補償を引き上げるという財団側の「重大な意志」を検出しなかったと述べた。 財団がグァルネリのヴァイオリンをウェブサイトで「理解の道具」として継続的に説明していることは、相続人への支払いを拒否していることを考えると、「特に不適切」だとパネルは述べた。

財団の会長であるファビアン・カーンはインタビューの要請を拒否したが、財団は「委員会の勧告を実施するために数年にわたって数え切れないほどの努力をした」と述べた。

ヒルデスハイマーのカリフォルニアを拠点とする孫であるデビッドサンドは、電話インタビューで、家族は「非常に親切で、過去4年間、メールで資金調達を行う財団の支援さえ提供していた」と述べました。

「委員会が結果なしに反抗することができれば、私はこれらの事件が将来どのように扱われることができるかわかりません」と彼は付け加えました。

委員長のPapier氏は、財団の違反についてメディアに伝えるというパネルの決定が、議員と国民の間で危機に瀕している問題についての認識を高めることを望んでいると述べた。 ハーゲマン財団は民間団体ですが、ドイツのバイエルン州が所有するニュルンベルク音楽大学と密接な関係があると彼は言いました。

彼はすでにバイエルン政府からの支援を求めていると述べた。「しかし結局何も起こらなかった。 おそらく、関係者全員が公正かつ公正であると見なしていたこの和解が最終的に実施されることを確実にするために、いくらかの政治的圧力が生じるでしょう。」

しかし、バイエルン州の文化省のスポークスマンは、「諮問委員会の勧告に取り組むのは民間の財団次第だ」と述べた。 バイエルン州には、個人所有者に影響を与える法的根拠はありません。」

ドイツの連邦文化省のスポークスマンは、これらの感情を繰り返した。 同省は「委員会による勧告を実施するよう民間財団に強制するために利用できるツールはない」と述べた。

ミュンヘンの中央美術史研究所の美術史家であるステファン・クリンゲン氏は、これらすべてが委員会を「高く乾燥した状態」にしたと述べた。

「委員会の唯一の選択肢は、政治家がどういうわけか彼らをこの混乱から解放することを期待すること、または一斉に辞任することです」とクリンゲンは言いました。 「これは委員会の将来をナイフエッジに置きます。 政治的支援がなければ、ドイツの賠償政策は終わりに達した」と語った。

「相続人が委員会の勧告の実施を信頼できない場合、なぜ彼らは彼らの訴訟をそれに持ち込むのだろうか?」と彼は付け加えた。



Source link

You may also like

Leave a Comment