米国が最初のウイルス症例を記録してから1年後、発生は国を荒廃させ、死者は依然として高いままです。

by tobiniumu
0 comment


1年前の今日、保健当局は、中国の武漢から帰国したばかりの旅行者が、病気になった後、シアトル北部の緊急治療クリニックで治療を求め、警鐘を鳴らしたとアメリカ人に話しました。

男は最初を持っていた 確認されたコロナウイルスの症例 米国では。

そのニュースを発表するにあたり、当局者はすぐに安心と心配の声を上げた。 彼らは、公衆へのリスクは低いと信じていると述べた。 しかし、彼らはまた、より多くの事件が来る可能性があると警告した。

そして彼らはやって来ました:国は今2400万以上の症例を記録しました 40万人が死亡

それはゆっくり始まりました。 最初の5週間で、アメリカの当局者は約45の既知の症例を報告し、ウイルスによる既知の死亡はありませんでした。 しかし、過去5週間で、国は740万人以上の症例を記録し、10万人近くが死亡しました。 水曜日だけでも、当局は少なくとも184,237人の新規症例と少なくとも4,357人の死亡を記録した。 死者に関しては、パンデミックの2番目に悪い日でした。 水曜日の時点で、毎日のウイルスによる死亡の7日間の平均は3,054でした。

また、新大統領が就任初日、パンデミックへの対応で広く嘲笑された現職者を追放した後、より良い行動をとることを誓った日でもあった。 木曜日、バイデン大統領 ウイルスに対して攻撃を続けていた、労働者を保護し、人種平等を推進し、テストキット、ワクチン、消耗品の製造を強化するための執行権限の使用を含む「本格的な戦時中の努力」を伴う。

対照的に、トランプ氏は州政府に主導権を握らせていた。 バイデンの顧問は、彼らが受け継いだワクチン計画、またはワクチン計画の欠如に驚いたと述べ、トランプチームは供給とワクチンの入手可能性に関する重要な情報を共有できなかったと述べた。

2020年に、武漢からの旅行者の米国で最初の既知のコロナウイルスの症例が、ワシントン州スノホミッシュ郡で発生し、 多大な努力 患者を隔離し、中国から帰国してから遭遇した接触を監視するため。

他の旅行者も最終的に陽性であり、ゲノム配列決定により、ウイルスの別の枝が米国の東海岸に独立して根付いたことが示されました。

シアトル地域は2月末に初期の発生の震源地になりましたが、研究者はシアトル地域に戻った男がそれを引き起こしたかどうかはわかりません。

ゲノム配列決定により、現在36歳の男性は、この地域に広がるウイルスの枝の一部であることが示唆されました。 しかし、研究者は タイミングと遺伝的変異 地域全体で、発生は別の未知の人物から始まった可能性があると考えています。

ワシントンの初期の発生により、州は国の最初の50人のコロナウイルスによる死亡のうち37人を記録しました。 しかし、それ以来、州は国全体よりもはるかにうまくいっています。 米国がワシントンに匹敵する死亡率を維持していれば、コロナウイルスによる死亡は約22万人少なくなるでしょう。



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment