レバノン中央銀行のチーフは彼がスイスの調査に従うと言います| ビジネスと経済のニュース

by tobiniumu
0 comment


レバノンの困惑した中央銀行のチーフであるリアド・サラメ氏は、スイスのマネーロンダリング調査の一環としてスイスで質問に直面すると述べた、と情報筋はアルジャジーラに語った。

レバノン、ベイルート– スイス当局がレバノンにサラメと彼が27年間率いた銀行に関するマネーロンダリング調査に従うよう要請した後、レバノンの中央銀行長リアドサラメは木曜日にレバノンの検察官から質問を受けました。

会談中、レバノンの検察官ガッサン・ウエイダットはサラメに、スイスはスイスかベイルートのスイス大使館のどちらかで彼に質問するよう要請したと語った、と上級司法筋はアルジャジーラに語った。 サラメ氏は、スイスで尋問に直面すると述べた。

レバノン当局によると、スイスの調査は、サラメ、彼の兄弟ラジャ、顧問のマリアンナ・アル・ホアイクによる数百万ドルの送金に集中している。 地元メディアの報道と司法筋からの情報によると、問題の金額はおよそ4億ドルです。

スイスの検察庁は、サラメが容疑者であるかどうかについては明らかにしていませんが、水曜日に、レバノンの中央銀行での「マネーロンダリングの悪化」と横領の可能性について調査を開始したことを確認しました。

木曜日の公聴会の後、サラメは声明の中で、正式にレバノン銀行(BDL)と名付けられた中央銀行からも、その予算からも送金は行われなかったと述べた。 彼はさらに質問に答える準備ができていると述べた。

彼はまた、「私を個人的に標的とし、レバノンの経済的評判を傷つける悪意のある噂や侮辱」を広めたすべての人々を起訴する権利を留保したことを繰り返した。

公聴会の知識を持つ2番目の司法筋は、サラメが約20年前に兄のラジャとスイスに会社を設立し、2002年からその会社に移籍したことを検察官に通知したとアルジャジーラに語った。報告された4億ドルではなく。

サラメにコメントを求めることはできなかった。

司法筋は、検察官がBDLに、その価値と日付を示す文書を含む、譲渡に関する詳細情報を求めると述べた。

かつて危機に陥りやすいレバノンの安定の柱と見なされていたサラメは、2019年後半に始まったこの国の前例のない金融危機によって傷つけられた評判を持っています。

それ以来、レバノンポンドは米ドルに対してその価値の80%以上を失い、世界銀行が「意図的な不況」と表現している政治政策の不作為と失敗により、人口の半分以上が貧困に陥っています。と金融当局。





Source link

You may also like

Leave a Comment