忍者龍剣伝とデッドオアアライブの板垣伴信が新作スタジオをスタート

by tobiniumu
0 comment



Ninja Gaiden デッドオアアライブの板垣伴信監督が板垣伴信という新しいスタジオを設立し、マイクロソフトと再び仕事をすることは「私にとって光栄だ」と語った。板垣はニュースを共有した。 フェイスブック そして、この発表は最近の一部であるはずだったことを明らかにしました ブルームバーグ 記事ですが、「文字数制限のため」省略されました。

彼は、過去4年間、どのように話し合ったのか デビルズサードのヴァルハラゲームスタジオを離れて以来、 彼は共同設立し、若い世代にゲーム開発を教えてきました。 しかし、彼は今、「もう一度ゲームを作り、その目的のために会社を設立した」と感じています。彼はさらに、板垣ゲームスはコーエーテクモまたはヴァルハラゲームスタジオの一部ではありませんが、マイクロソフトとの協力に再び反対することはないと説明しました。

「マイクロソフトがまだ積極的であることは知っている」と板垣氏は語った。 「彼らが私に連絡してくれれば、それは私にとって名誉なことです。」

板垣の複数の忍者龍剣伝とデッドオアアライブのタイトルはXbox限定だったので、確立された関係はすでに存在しています。板垣は忍者龍剣伝2のリリースに続いて2008年にテクモを辞任した 同社と安田善巳社長に対して、未払いのボーナスをめぐって訴訟を起こした。

ヒントがありますか? 考えられる話について話し合いたいですか? にメールを送ってください newstips@ign.com

Adam Bankhurstは、IGNのニュースライターです。 Twitterで彼をフォローできます @AdamBankhurstけいれん。





Source link

You may also like

Leave a Comment