5人の香港民主主義の抗議者が米国で亡命を求めています| 香港ニュース

by tobiniumu
0 comment


活動家グループによると、台湾に逃亡したとされる香港の民主主義反対派5人が、亡命を求めて米国に到着した。

彼らの脱出は、金融ハブに対する中国による取り締まりの高まりの一部である新しい国家安全保障法の下での香港での民主主義の人物の大量逮捕に続くものです。

アメリカのグループである香港民主主義評議会(HKDC)は、今週、若い活動家のグループを米国に歓迎し、彼らの旅は「困難で危険」だったと述べた。

HKDCの創設者であるサミュエル・チュー氏は、「活動家たちは全員30歳未満で、香港で進行中の民主化反対運動に参加し、抗議関連の逮捕と起訴に直面し、昨年7月にボートで街から逃げ出した」と語った。 AFP。

「私は彼らを米国に歓迎し、彼らが亡命と新しい生活を求めているときに彼らを支援することを嬉しく思い、嬉しく思います」とチューは付け加えました。

HKDCが発表した声明を通じて、現在亡命中の5人の活動家は、香港を離れた瞬間から「不安とあらゆる種類の感情に満ちている」と述べた。

8月の台湾メディアは、5人が7月下旬に自治島に逃げようとし、当局によって傍受されたと報じた。

それ以来、台湾の当局者はこの事件に関して目立たず、コメントを控えている。

危険な国境検問所

2019年に11,000人以上が逮捕された香港全土での大規模な民主主義の抗議の後、北京は異議を沈黙させるために昨年6月下旬に抜本的な国家安全保障法を課しました。

8月、国家安全保障法に基づいて逮捕された1人を含む12人の香港活動家の別のグループが、スピードボートで台湾に逃げようとしたが、中国の沿岸警備隊に逮捕された。

先月、中国の裁判所は、「違法な国境通過を組織し、参加した」として、これら12人の逃亡者のうち10人を最長3年間投獄した。

チュー氏は、5人の香港人は、途中で避難所と保護を提供した熱心な支持者の助けがなければ、海で簡単に死ぬか、「香港12」と同じ運命をたどることができたと述べた。

「彼らの必死の努力は、急速に悪化している人権状況と、香港が現在直面している人道的危機の高まりを示しています」とチュー氏は述べ、安全な通過の選択肢は限られていると付け加えた。

コロナウイルスのパンデミックが昨年ほとんどの海外旅行を終える前に、少なくとも50人の元香港の抗議者がさまざまな管轄区域で亡命を申請した。 さらに数百人が民主的な台湾に移転しました。

より多くの中国当局が制裁

最新の進展は、今月の民主化活動家の大量逮捕に続いて、米国が香港で新しい安全保障法を実施したと非難した6人の香港または中国当局に対する制裁を発表したことによるものです。

民主化運動家のレスター・シャムは、新しい国家安全保障法の下で香港当局によって逮捕された人々の一人でした。 [File: Tyrone Siu/Reuters]

香港の警察は1月5日、中国が昨年の英国植民地での異議申し立てを鎮圧することを目的とした治安法を課して以来、民主主義運動に対する最大の取り締まりで53人を逮捕した。

「香港当局によるこの行動は、香港の自由と民主的プロセスが根本的に損なわれていることのさらに別の顕著な例です」と、マイク・ポンペオ米国務長官は声明で述べました。

ポンペオ氏によると、13人の元立法評議会メンバー、アメリカ人弁護士、元法学教授が保釈される前に拘留されたと伝えられている。 彼は治安法の下で保持されているすべての人々の解放を求めた。

ポンペオ氏によると、制裁の対象となったのは、北京の香港とマカオ問題に関する中央指導グループの副会長であるユー・クアンと、香港の国家安全保障局の副所長であるサン・チンゲである。

香港警察の国家安全保障部門の3人の役員、フレデリック・チェ・チンパン、ケルビン・コン・ホク・ライ、アンドリュー・カン・カイ・ヤンが指名されました。

中国の全国人民代表大会常任委員会の香港代表であるTamYiu-Chungも指名された。 ポンペオ氏は、すべてが「国家安全保障法の策定、採用、または実施」に関連していると述べた。

制裁措置は、対象となる人々の米国にリンクされた資産の凍結を要求します。 中国のワシントン大使館はコメントの要請にすぐには応じなかった。

ポンペオは先週、逮捕に応じて新たな制裁措置について警告した。 その警告は、ドナルド・トランプ大統領の支持者が11月の選挙での敗北を覆すために議会を襲撃し、中国のマスメディアが米国の政治家を「二重基準」で非難するよう促した翌日に出された。

ポンペオ氏は先週、ワシントンが米国の香港経済貿易局に対する制限を検討すると述べたが、金曜日の発表はこれについて言及しなかった。





Source link

You may also like

Leave a Comment