国会議事堂の攻撃後、トランプの承認率は米国の世論調査でスライドします| 米国大統領選挙2020ニュース

by tobiniumu
0 comment


3つの新しい世論調査によると、ホワイトハウスで4年間過ごした後、ドナルド・トランプは1月6日の米国議会議事堂への支持者による攻撃を受けて、低い就職承認率で米国大統領を辞任します。

ある調査では、圧倒的多数のアメリカ人が国会議事堂での暴徒の暴力に反対していることが示され、2つは、ほとんどの人がトランプが再び公職に立候補するのを防ぐべきだと考えていることを示唆しています。

しかし同時に、退任する大統領の行動と、彼が国会議事堂での暴動を扇動したことの責任を共有するかどうかについて、党派間の激しい分裂が残っています。 そして、トランプの支持者の基盤は、共和党の政治家がまだ彼の先導に従うべきであると信じています。

新しい調査結果は、金曜日にピュー研究所とワシントンポストABCニュースによって、木曜日にロイター-イプソスによって発表された調査から来ています。

トランプの承認率は、最新のピュー研究所で29パーセントに低下しました 調査、史上最低。

ほとんどの米国の成人(ワシントンポストABCニュース調査の89%)は、2020年の大統領選挙でのジョーバイデンの勝利を証明するために議会が会合していたときに、先週米国議会議事堂を襲撃した人々の行動に反対しています。

ドナルド・トランプ大統領は1月20日にワシントンを離れ、承認率が低く、国が激しく分裂し、共和党での彼の将来の役割について不確実性があります [Carlos Barria/Reuters]

調査によると、トランプ氏は、特別なセキュリティ対策の中で行われる1月20日のバイデン大統領就任式に出席することを拒否している。 トランプは、同じ日にアンドリュース空軍基地で彼自身の出発集会を計画しています。

ワシントンポストABCニュース 投票 アメリカ人の56パーセントがトランプを将来就任することから失格にすることを好むことがわかりました。

下院は1月13日、暴動を扇動した罪でトランプを弾劾し、米国上院は裁判を実施する準備をしている。

ピューの調査によると、アメリカ人の68%は、トランプが今後も主要な政治家であり続けることを望んでいません。

ロイターによると-イプソス 調査、1月8日から12日まで実施された共和党の有権者に対するトランプの承認は70%で、前週から7ポイント減少しました。

それでも、ABC-ワシントンポストの調査では、共和党員の56%が、トランプが国会議事堂の攻撃についてまったく責任を負わないと述べ、共和党員の66%が、選挙以来、トランプが責任を持って行動したと述べました。 調査によると、過半数は選挙が不正であるという彼の誤った主張を信じ続けています。

さらに、共和党員の51%は、共和党議員が2020年の大統領選挙の結果を覆すためのトランプの努力を支持するのに十分に進んでいないと述べた。

より多くの証拠が明らかになり、国民が1月6日に何が起こったのかについてより広い理解を得るにつれて、それが変わるかどうかはまだ分からない。

ワシントンDCの連邦検事局によると、FBIは国会議事堂を攻撃した疑いのある個人に関する200以上の事件ファイルを開き、100以上の逮捕が行われた。

ドナルド・トランプ米大統領の支持者が1月6日に米国議会議事堂を襲撃し、5人の死者と議会の指導者が動揺した。 [Stephanie Keith/Reuters]

一部の共和党の政治家はトランプを破っていますが、他の共和党の政治家は選挙が彼から盗まれたという根拠のない考えを支持し続けています。

水曜日にトランプの弾劾に投票したわずか10人の共和党議員の1人であるジェイミー・ヘレーラ・ビュートラー下院議員は、「トランプ大統領が関与する前とその間に何が起こったのか不明」な関係者から聞いていたと述べた。

Herrera Beutlerは、暴徒の攻撃とその中でのトランプの役割を詳述した16ツイートのスレッドを発行しました。

2つの州でのバイデンの勝利の証明に議会で反対したジョシュ・ホーリー上院議員を含む他の共和党員は、選挙についての彼らの主張から後退していません。

「ミズーリ州の多くの市民は選挙の完全性について深い懸念を抱いている」とホーリーは木曜日にミズーリ州南東部の報道機関で論説の中で述べた。

「私は無法な暴徒に屈したり、犯罪者が私の構成員の正当な懸念をかき消すことを許したりしません」とホーリーは言いました。

バイデンは選挙人団での2020年の選挙でトランプの232に対して306票を獲得しました。バイデンはトランプの7,420万に対して8,120万票で全国的な人気投票を獲得しました。

バイデンは、大統領選挙での彼の役割の取り扱いについて、最近の世論調査で概して肯定的な評価を受けました。

Pew Researchの調査は、1月8日から12日まで米国の成人5,360人のパネルを対象にオンラインで実施されました。

ワシントンポストABCニュースの世論調査は、1月10日から13日までの成人1,002人を対象に電話で実施されました。信頼性マージンはプラスマイナス3.5パーセントポイントでした。

ロイター-イプソスの世論調査は、1月8日から12日にかけて米国の成人1,399人を対象に実施され、信頼性マージンは3.3パーセントポイントでした。





Source link

You may also like

Leave a Comment