MediumがソーシャルブックリーディングアプリGlose–TechCrunchを買収

by tobiniumu
0 comment


です 取得 パリを拠点とするスタートアップ 光沢 未公表の金額。 Gloseは、デバイスで本を購入、ダウンロード、および読むことができるiOS、Android、およびWebアプリを構築してきました。

同社は、本棚を構築したり、フォロワーとメモを共有したり、余白で会話を開始したりできるため、読書をマルチプレイヤー体験に変えました。 もちろん、Goodreadsなどの本について話すことができるソーシャルプラットフォームがあります。 しかし、Gloseの差別化ポイントは、ソーシャル機能が本質的に読書機能とリンクしていることです。これらは2つの別個のプラットフォームではありません。 難しい本を読んでいるときにやる気を維持するのに役立つゲーミフィケーション機能もいくつかあります。たとえば、連勝の報酬を受け取ります。

多くの点で、Gloseのワンタップのハイライトおよびコメント機能は、この前面のMediumの機能を彷彿とさせます。 携帯電話やタブレットの読書アプリでテキストを強調表示することはできますが、それを使って多くのことを行うことはできません。

最近、Gloseは別のサービスを開始しました Glose Education。 名前が示すように、そのバージョンは大学や高校向けに調整されています。 教師は課題を配ることができ、あなたはグループとして本を読むことができます。

100万人以上がGloseを使用しており、スタンフォード大学やコロンビア大学を含む25の大学がGloseEducationに登録しています。

しかし、Gloseは単なるソフトウェアプレイではありません。 同社はまた、包括的な書店をまとめました。 同社は20,000の出版社と提携しており、アプリから直接電子書籍を購入できます。

また、今学期にヴァージニアウルフを勉強している場合、Gloseは数十万冊のパブリックドメインの本を無料で提供しています。 Gloseはオーディオブックもサポートしています。

Mediumは現在、記事やブログを超えて拡大することを計画しているため、これは断然最も興味深い部分です。 Gloseは今のところ固執しているが、Mediumは電子ブックとオーディオブックをそのサービスに統合することも計画している。

多くの多作なブロガーが本の作家でもあるので、それは賢い動きです。 現在、彼らはMediumにブログ投稿を書き、本を購入したい場合はサードパーティのサイトにリンクしています。 著者によって書かれたすべてのものをホストする能力を持つことは、コンテンツ作成者と読者の両方にとってより良い経験です。

ミディアムCEOのエヴァン・ウィリアムズは声明のなかで、「グロースの読書製品やテクノロジーだけでなく、本の著者や出版社との提携の経験にも感銘を受けました。本はアイデアを探求する手段であり、世界のアイデアの大部分は本やジャーナルに保存されていますが、検索や共有はほとんどできません。Gloseを使用して、Mediumの熱心な読者と作家の大規模なネットワーク内でそのエクスペリエンスを向上させたいと考えています。著者がより多くの読者にリーチできるように、出版社と提携するグロースチーム。」

Gloseチームはパリに残ります。つまり、Mediumは米国外に最初のオフィスを開設し、Gloseは引き続き、著者、出版社、学校、機関とのパートナーシップを尊重します。



Source link

You may also like

Leave a Comment