iSpotはAceMetrix – TechCrunchを買収することで、広告測定プラットフォームを拡張します

by tobiniumu
0 comment


iSpot.tv 本日、買収したことを発表しました エースメトリクス、2つのテレビおよびビデオ広告測定会社をまとめる取引。

iSpotの創設者兼CEOのSeanMullerは、両社には補完的なソリューションがあると述べました。 結局のところ、「簡単に言えば、ブランドが広告を購入する理由は2つだけです。1つは業績を上げるためであり、もう1つはブランドの認知度、好感度、影響力を高めるためです。」

ミュラー氏によると、既存のiSpotプラットフォームは最初の分野で優れており、テレビとストリーミングの両方で掲載される広告のリーチと会話率を測定しています。 一方、Ace Metrixは、広告が消費者の感情にどのように影響するかを測定します。したがって、2つの会社を統合することで、「1つのプラットフォームで完全なソリューション」を提供できます。

Mullerは、マーケターが絶えず変化するニュースの状況をナビゲートしようとするにつれて、広告のブランドへの影響を測定することがさらに重要になっていると付け加えました。

「ブランドは、政治やあらゆる種類のことで発言権を持つことを余儀なくされています」と彼は言いました。 「メッセージがどのように認識されているかを理解することは非常に重要です…クリエイティブに投資するときは、メッセージが適切であり、正しい感情を引き起こすことを確認することがさらに重要になります。」

エースメトリクスは、ハマーウィンブラッドベンチャーパートナー、WPP、パロマーベンチャー、リープフロッグベンチャーなどの投資家から2500万ドルの資金を調達しました。 Crunchbaseによると。

買収の金銭的条件は明らかにされていないが、iSpotによると、エースの45人の従業員全員が入社し、総従業員数は240人になり、エースのCEOであるピーターダボルがiSpotの最高戦略責任者になります。 エースはロサンゼルスにもオフィスを構えます(iSpotはワシントン州ベルビューに本社を置いています)。

Mullerはまた、AceがSaaSの収益を「2桁の数百万の北」で年換算しており、キャッシュフローがプラスであると述べました。 合併後の会社は500以上のブランドと年間契約を結んでいます。

「私たちは会社を非常に迅速に統合しています—それはすでに進行中です」と彼は言いました。 「私たちは1つの会社、1つのビジョンになるため、Ace製品はiSpot製品スイートの一部になります。 ただし、これらの製品のエース名は維持します。」



Source link

You may also like

Leave a Comment