民間企業に州の油田を運営させるベネズエラのマル| ニコラスマドゥロニュース

by tobiniumu
0 comment


ベネズエラ当局者はここ数ヶ月、国内の小規模な油田請負業者と会い、収益の一部をポケットに入れながら国営のペトロレオスデベネズエラ(PDVSA)が所有する油田を運営することを提案したと、会談の知識を持つ6人がロイター通信社に語った。

会談は、原油生産量の崩壊と彼を追放することを目的とした米国の制裁に直面しているニコラス・マドゥロ大統領が、石油輸出国機構(OPEC)に属する国であるベネズエラに投資を呼び込もうとしていることを示しています。国の国家主義石油産業プラットフォームの要素を後退させた2018年の計画よりも甘い条件。

議論中の契約に実際に署名した企業があるかどうかは不明でした。 民間部門への開放の試みは、何年にもわたる支払い遅延後のPDVSAとの協力に対する警戒心や、ワシントンの制裁への懸念など、多くの障害に直面しています。

これまでのところ、ベネズエラ西部のマラカイボ湖近くに拠点を置くS&B Terra Marine Servicesや、モナガス州東部に拠点を置くArco Servicesなど、ニューディールに関心を示している企業は比較的小規模です。匿名性の。

どちらの会社もコメントの要求に応じず、PDVSAもベネズエラの石油省もしませんでした。

政府は最近、制裁のリスクがあるため、石油取引に内密に署名することを許可する「封鎖防止」法を可決しました。 加えて、最近、争議投票で国会の支配権を獲得した与党社会党のメンバーは、石油産業へのより多くの民間参加を可能にするために法律を改革することを約束した。

「私たちは生産量を150万バレルに増やすことを目指しています [per day] マデューロ氏は火曜日の夕方、国会への年次演説で詳細を明かさずに述べた。

11月に1日あたりわずか434,000バレル(bpd)に落ち込んだ後、生産量は2018年のレベルに回復します。

デルシー・ロドリゲス副大統領は水曜日の州のテレビインタビューで、封鎖防止法の一環として石油投資について「さまざまな合意」に達したと述べたが、詳細は明らかにされていない。

急落出力

OPEC諸国の粗生産量は、何年にもわたる過少投資と管理ミス、および米国の制裁措置により、数十年で最低レベルに急落しました。 この落ち込みは、約500万人が移住した人道的危機を悪化させました。

「政府は多くの経路から閉鎖されているので、彼らは民間企業に責任を委任し、制裁、封鎖、そして人道的影響を通じてその委任を正当化したいと考えています」とある人は言いました。

提案された取り決めの詳細は入手できなかったが、2人は、2018年に少数のあまり知られていない企業と締結した「共同サービス契約」とは異なり、資金調達と機器調達を担当できると述べた。

生産量が増えた場合にのみ支払いを受けたこれらの企業は、石油業界での経験がほとんど知られていないと人々は述べた。

経験豊富なPDVSA請負業者と現在話し合っている契約には、生産量を増やす要件がない、と人々は述べた。

もう1つの重要な違いは、現在の提案では、民間企業が補償の形で原油または精製製品を自ら販売できるようになることです。3人は、詳細はまだ明確ではないと付け加えました。 米国の制裁措置は、民間企業による石油輸出の取り組みを複雑にする可能性があります。

政府はまた、シェブロン社や中国石油天然気集団などの民間企業との合弁事業ではなく、PDVSAが独占的に所有する新しい取り決めの分野に焦点を合わせています。

ただし、PDVSAは最近、合弁事業の少数派パートナーにその分野の運営管理を非公式に許可しました。





Source link

You may also like

Leave a Comment