収益が3倍になると、ハーネスは17億ドルの評価額で8500万ドルのシリーズCを奪う– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


ハーネス、すべての企業に最大の企業が持っているような技術的範囲を与えるためのエンジニアリングツールのスイートを作成したいスタートアップは、17億ドルの評価で本日8500万ドルのシリーズCを発表しました。

今日のラウンドは後に来る 2019年の6000万ドルのシリーズB、5億ドルの評価額があり、企業の価値が急速に上昇していることを示しています。 わずか3年前に立ち上げられた企業にとって、これはかなり注目に値する軌道です。

Alkeon Capitalは、新しい投資家であるBattery Ventures、Citi Ventures、Norwest Venture Partners、Sorenson Capital、ThomvestVenturesの支援を受けてラウンドを主導しました。 スタートアップはまた、6000万ドルのラウンドの後に調達された以前に発表されていない3000万ドルのB-1ラウンドを明らかにし、これまでに調達された合計は1億9500万ドルになりました。

会社の創設者兼CEOのJyotiBansalは、以前にAppDynamicsを設立しました。 彼は2017年にシスコに売却しました 37億ドルで。 彼の実績により、投資家はこのラウンドで彼を探しに来ました。 昨年の収益がほぼ3倍に増加したことは問題ではありませんでした。

「ビジネスは非常に好調であるため、投資家コミュニティは積極的に手を差し伸べ、私たちに投資しようとしています。 実際には、今年後半までラウンドを上げる予定はありませんでした。 それを乗り越えるのに十分な資本がありましたが、投資したい人はたくさんいました」とバンサルは私に語った。

実際、彼は投資家の関心が非常に高いため、2倍の資金を調達できたと述べましたが、現時点ではそれほど多くの資本を引き受ける必要性を感じていませんでした。 「全体として、投資家コミュニティは開発者ツールとDevOps市場に価値を見出しています。 現在、この分野には非常に多くの大規模な公開企業があり、過去3〜5年で消滅し、この分野のさらなる検証を確実に生み出しています」と彼は述べています。

バンサル氏は、エンジニアリングの効率に関しては、すべての企業をグーグルやフェイスブックと同じくらい良くすることを目標に会社を始めたと言います。 ほとんどの企業はこれらの大企業のエンジニアリングリソースを欠いているため、それは大変な作業ですが、彼はソフトウェアで解決できると考えています。

同社は、継続的デリバリーモジュールを構築することから始めました。 クラウドのコスト効率モジュールが続きました。 昨年、同社は購入しました オープンソースの継続的インテグレーション会社Drone.io そして彼らはそれをプラットフォームに組み込むことに取り組んでおり、現在ベータ版です。 Bansalによると、今年の製品ロードマップには追加のモジュールがあります。

同社は2020年に収益を伸ばし、プラットフォームを構築し続けたため、パンデミック時に200人から300人に増えた多数の新入社員も追加されました。 Bansalは、今年の終わりまでにさらに200を追加する計画があると言います。 ハーネスは最近、働きやすい場所であるという評判があります Glassdoorの最高の企業リストに上陸

経験豊富な起業家として、バンサルは歓迎する文化を持つ多様な企業の構築を真剣に受け止めています。 「はい、機会均等を提供し、多様なバックグラウンドを持つ人々を採用できるようにする必要がありますが、会社の環境と企業文化が非常に感じられるようにする必要があるという意味で、より積極的に取り組む必要があります。みんなを歓迎します」と彼は言った。

パンデミックの最中に会社を設立し、非常に多くの新入社員を追加し、誰もが歓迎され、包摂されていると感じさせる方法を見つけるのは困難な時期でした。 バンサル氏は、パンデミックの最中に生産性が実際に向上したことを確認したが、今では従業員の燃え尽き症候群を防ぐ必要があると述べています。

彼は、人々が自宅で仕事をしているときに境界線を引く方法を知らなかったと言います。 彼がしたことの1つは、月に1回金曜日に全員が充電できるようにするプログラムを導入することでした。 同社は最近、COVID後の「どこからでも仕事ができる」会社になると発表しましたが、Bansalは、必要なときに人々が集まる地域事務所を設けることを計画しています。



Source link

You may also like

Leave a Comment