スコットピルグリムのクリエイターが、プレイ可能な羨望を含む、ゲームのカットDLCについて語る

by tobiniumu
0 comment


スコットピルグリムvsザワールド:ゲーム 最初のリリースからほぼ10年後の本日発売されました。 「スコットピルグリム」でファンはそれに腹を立てている 現在Twitterでトレンド。 しかし、元のグラフィックノベルの作成者であるブライアン・リー・オマリーは、ゲームがカットされるまで、当初は特別なDLCが計画されていたことを明らかにしました。

Clash at Demonhead(NESゲームにちなんで名付けられた)は、スコットの元であるエンビーアダムス、ラモーナのビーガンの元であるトッドイングラム、そしてドラマーのリネットに所属するバンドです。 羨望とリネットはゲームのサブボスとして登場し、トッド(スコットが倒さなければならないラモーナの邪悪なエグゼの3番目)はワールド3のボスです。

プレイ可能な悪役がいたかもしれません! スコットピルグリムを倒すチャンスがあったかもしれません! まぁ。

ちなみに、羨望のアダムスは、映画の中でブリーラーソンによって演じられました。 ええと、 どうぶつの森のファン、ブリー・ラーソン:ニューホライズンズ、したい人 アニマルクロッシング映画のスターになるスーパーマリオギャラクシーを真剣に受け止めている女性メトロイド映画を作りたい女優? 彼女がこれまでに何をしていたかは考えられませんが、私たちは彼女を愛しています。





Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment