IBMは、9,100を超える特許が付与され、28年連続で米国特許リストのトップになりました。

by tobiniumu
0 comment


手紙で: 米国特許商標庁(USPTO)は、2020年に352,013件の特許を付与しました。これは、前年と比較してわずか0.69パーセントの落ち込みです。 IFIクレーム特許サービスによると、米国特許が307,761件しか付与されなかった2018年から、どちらの年も大幅に増加しました。

2020年には、提出された申請書も増加しました。 413,176で、この数字は2019年と比較して4.75%以上増加しました。

一目見ただけで、パンデミックがイノベーションに大きな影響を与えていないように見えるかもしれません。 しかし、IFIクレーム特許サービスによると、Covid-19が特許出願に影響を与えていないと結論付けるのは時期尚早でしょう。

公開ごとに、申請書を提出してから公開されるまでの有効期間は最大18か月かかる場合があります。 そのため、少なくともあと2年待ってから、2020年以降の数値を再評価する必要があります。

当然のことながら、米国は2020年に米国が付与した特許の数で164,379件をリードしました。 次に近い国は日本で52,421件の特許が付与されており、韓国が22,400件で続いています。

個別にIBM 人工知能、クラウドテクノロジー、量子コンピューティングなどの分野で業界をリードする9,130​​件の特許を取得して1位になりました。 サムスンは6,415の特許を取得し、続いてキヤノン、マイクロソフト、インテルがそれぞれ3,225、2,905、2,867の特許を取得してシルバーを獲得しました。

画像クレジット Mark Van Scyocセルゲイ・カムシリン



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment