Grab Financial Groupは、Hanhwa Asset Management –TechCrunchが主導するシリーズAを3億ドル調達

by tobiniumu
0 comment


グラブファイナンシャルグループ 今日言った K3 Ventures、GGV Capital、Arbor Ventures、Flourish Venturesの参加を得て、韓国の企業Hanhwa Asset Managementが主導するシリーズAの資金調達で3億ドル以上を調達しました。

ザ・ フィナンシャルタイムズのレポート 資金調達は、配車サービスと配達の巨人であるGrabの子会社であるGrabFinancialを30億ドルと評価しています。 K3ベンチャーズとGGVキャピタルはどちらも、2012年に設立されたグラブの初期の投資家でした。

2020年2月に、グラブはそれを発表しました 8億5600万ドルの資金を調達しました その支払いと金融サービスを成長させるために。 そのニュースは、そのトップライバルの1つであるグラブとゴジェックが長い議論の末にようやく合併に近づいているという憶測の中で来ました。

しかし、Grab-Gojekの話は行き詰まり、 Gojekは現在、インドネシアのeコマースプラットフォームTokopediaとの統合について交渉中であると報じられています。 代わりに。 ブルームバーグによると、合併後の会社は180億ドルの価値があり、Grabのより手ごわいライバルになります。

Grab Financial Groupは資金調達の発表で、2020年の総収益が2019年と比較して40%以上増加したと述べました。これは、ユーザーが一度に少額の投資を行える投資プラットフォームであるAutoInvestなどのサービスの消費者による強力な採用によるものです。グラブアプリと保険商品を通じて。 Grab Financialは、2020年8月に消費者および中小企業向けのいくつかの金融商品の発売を発表しました。

東南アジアの消費者と中小企業によるデジタル金融サービスの利用は、COVID-19パンデミックの間に増加しました。 によると 報告する 11月にGoogle、Temasek、Bain&Companyが発行した銀行アプリとオンライン決済、送金、保険商品、ロボアドバイザー投資プラットフォームの使用はすべて2020年に増加し、この地域の金融サービス市場は2025年までに600億ドルの収益に達する可能性があります。 。

Grab-Singtel間のコンソーシアムは、2020年12月にシンガポール金融管理局から完全なデジタルバンキングライセンスを授与されたいくつかの企業の1つでもありました。

ハンファ・アセット・マネジメントの最高経営責任者であるヨン・ヒョン・キムは記者会見で、次のように述べています。東南アジア最大のユニコーン、グラブ。」



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment