Fedsはテスラにタッチスクリーンディスプレイの故障で158,000台の車両をリコールするように依頼– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


米国の安全規制当局は、米国運輸省道路交通安全局による1か月にわたる調査の結果、タッチスクリーンディスプレイの動作を停止させるメディアコントロールユニットの故障により、テスラに158,000台の車両をリコールするよう要請しました。

代理店の欠陥調査ユニットは、メディアコントロールユニットの故障は安全上の問題であると判断しました。これは、バックアップカメラ、曇り止めおよび霜取り設定コントロールなどの機能が機能しなくなり、方向指示器インジケーターが鳴るときに使用されるチャイムが鳴るからです。がアクティブになり、車両のオートパイロット先進運転支援システムが作動しているときにドライバーに警告します。 テスラのフォーラムでは、MCUが突然故障したという報告が何年もの間話題になっています。

これらの車両で使用されているフラッシュドライブのメモリストレージが容量に達したときに障害が発生すると、調査員は結論付けました。 唯一の解決策は、ハードウェアの物理的な部分を交換することです。 影響を受ける車両には、2012年から2018年の間に製造されたモデルSセダン、および2016年から2018年のモデルXSUVが含まれます。

テスラはコメントの要求に応じなかった。 しかし、同社はレポートに含まれている情報をNHTSAに提供しました。 テスラはNHTSAに対して、メモリデバイスのストレージ容量が限られているため、すべてのユニットが必然的に故障することを確認しました。 テスラは、2020年から2028年までの毎週のMCU修理の予測数を示す独自の統計モデルを提供しました。自動車メーカーは、MCU障害の交換率は、2022年初頭にピークに達し、2028年に(ほぼ)完全な部品の回転が達成されるまで徐々に低下すると推定しました。レポートに。

これらの車両には、8GB eMMCNANDフラッシュメモリデバイスが統合されたNVIDIATegra3プロセッサが搭載されています。 この8GBのストレージ容量の一部は、車両が始動するたびに使用されます。 ストレージ容量に達するとeMMCNANDセルハードウェアに障害が発生し、MCUに障害が発生するという。

プログラム/消去サイクルの数に基づくeMMCNANDフラッシュデバイスの寿命。その後、メモリの消耗によりMCUに障害が発生します。 調査員は、8GB eMMC NANDフラッシュメモリデバイスの予想使用寿命定格は約3,000プログラム消去サイクルであると判断しました。その後、eMMC NANDフラッシュメモリデバイスは完全に消費され、動作しなくなります。 ブロックあたり1.4の毎日のサイクル使用率で、3,000のP / Eサイクルの蓄積は5から6年しかかからないだろうと代理店は言いました。

代理店は、テスラが対象車両のすべての所有者、購入者、およびディーラーにこの安全上の欠陥を通知し、救済策を提供するためにリコールを開始することを公式に要求しました。



Source link

You may also like

Leave a Comment