日本最大のスニーカー再販プラットフォームを運営する東京を拠点とするSODAは、SoftBank Ventures Asia –TechCrunchが主導して2,200万ドルを獲得しました。

by tobiniumu
0 comment


東京を拠点とする ソーダ、スニーカー再販プラットフォームを実行します SNKRDUNKは、SoftBank VenturesAsiaが主導する2200万ドルのシリーズBを調達しました。 投資家には、ベースパートナー、Colopl Next、THE GUILD、その他の戦略的パートナーも含まれていました。 資金の一部は、他のアジア諸国への拡大に使用されます。 SNKRDUNKの取引のほとんどは現在日本国内で行われていますが、国境を越えた市場になる予定です。

昨年のSODAの300万ドルのシリーズAに加えて、これによりスタートアップの総資金は2500万ドルになります。

COVID-19のパンデミックは当初、スニーカーの再販市場にダンパーをもたらすと予想されていましたが、C2C市場では実際にビジネスが拡大しています。 たとえば、世界最大のスニーカー再販プラットフォームの1つであるStockX(最近のシリーズEの後に28億ドルの評価額に達した)、 2020年5月と6月に言った これまでで最大の売上月でした。

SNKRDUNKの売上高も昨年増加し、2020年12月には、月間総商品価値が前年比で3,000%増加しました。 最高経営責任者の内山裕太氏はTechCrunchに、スニーカーの需要が依然として高い一方で、オンラインで物を購入する人が増えたためだと語った。

2018年に発売されたSNKRDUNKの月間ユーザー数は250万人で、日本最大のC2Cスニーカー市場となっています。 シリーズBは、国際的な拡大のペースを速め、カテゴリーを追加し、認証機能を拡大することを可能にします。

StockXやGOATと同様に、SNKRDUNKのユーザー料金は、スニーカーが購入者に送られる前の認証保留をカバーします。 同社は、日本を拠点とする認証サービスであるFAKE BUSTERSと提携し、スニーカーを購入者に送る前にチェックしています。

SNKRDUNKは、その市場に加えて、スニーカーのニュースサイトとオンラインコミュニティも運営しています。

SODAは、ソフトバンクベンチャーアジアのポートフォリオに含まれる他の企業と協力して、AIベースの技術を開発し、ロジスティクス、支払い、カスタマーサービス、偽造検査などの業務の自動化を支援する予定です。



Source link

You may also like

Leave a Comment