ヴェネツィアは訪問者を追跡することで観光公害と戦う

by tobiniumu
0 comment


(CNN)— 彼らはあなたがどこを歩いてもあなたを見守っています。 彼らはあなたがどこで一時停止するか、あなたが減速したり加速したりするときを正確に知っており、あなたを街の内外で数えます。

さらに、彼らはあなたの電話を追跡しているので、彼らはあなたの国や地域から何人の人々がいつどの地域にいるかを正確に知ることができます。

そして、彼らは観光業をより良い方向に変えるためにそれを行っています。

ポストコビッドの世界でヴェネツィアへようこそ。 運河の街は、何世紀にもわたって強力なヴェネツィア共和国として波を支配していた間、ラセレニッシマまたは最も穏やかな街として知られていた可能性があります。

しかし、ここ数年、わずか5万人の住民が住む街に毎年約3000万人の訪問者が訪れるため、物事はやや穏やかではなくなりました。

Covid-19が襲う前は、観光客はしばしば手に負えない数で到着し、メインストリートを窒息させ、水上バスを埋めていました。 当局は、主要なヴァポレット(水上バス)の停留所に個別の居住者用路線を導入することから、忙しい日に地元の人々を観光客から排除する回転式改札口を導入することまで、さまざまな対策を試みました。 2020年にデビューする予定の「入国税」は 2022年1月に延期、パンデミックのため。

しかし、当局は、足跡を制御するだけでなく、宿泊客を登録するだけでなく、訪問者の大多数が日帰り旅行者である都市で、市内の誰がどこに行くのかを正確に数えることによって、観光自体を追跡したいと考えていました。

ヴェネツィアの制御室に入る。

最先端の「管制塔」

制御室は、水位から人々が街を回っている主要なルートまですべてを記録します。

ジュリア・バックリー

ヴェネツィアとイタリア本土を隔てる2マイルの橋の隣にあるトロンケット島に、2020年9月にコントロールルームがオープンしました。1960年代から廃墟となったかつての倉庫で、市の警察と政府-市の自称「制御塔」。

建物には市長や他の要人のための事務所、そして警察が監視している街中からの画像をカメラが送り込む大きなCCTVルームがあります。

これまでのところ正常です。 しかし、廊下の向こう側には、スマートコントロールルームがあります。これは、ラグーン周辺からライブで画像や情報が表示される別の画面バンクです。 しかし、彼らは犯罪について監視されていません。 彼らは、ヴェネツィアを訪れる人々の大群のプロフィールを作成する当局に情報を提供しています。 情報を収集することで、現在の足跡を追跡するだけでなく、当局が改札口をアクティブにして、忙しい日に入場料を請求できるようになることを願っています。 最終的に、彼らはデータが将来のより持続可能な観光計画の作成に役立つことを望んでいます。

観光を追跡する方法

2020年10月にオープンしたヴェネツィアの制御室は、観光公害の問題を管理するために、市内の人々の動きを記録しています。

市内を巡る主要な大通りのシミュレーション。

ジュリア・バックリー

「これは街の頭脳です」と、の共同局長であるマルコ・ベッティーニは言います。 ヴェニス、システムを構築したヴェネツィアを拠点とするマルチメディアおよびテクノロジー企業。

「各部に何人いるのかをリアルタイムで知ることができます [of the city]、そして彼らがどの国から来たのか。」

彼は、大運河(ヴェネツィアの「高速道路」と呼んでいます)からのビデオフィードをクリックして、交通状況を確認します。

「ここには大きな交通圧力があります」と彼は言います。 公共の水上バス、物資を運ぶボート、タクシー、自分たちのプライベートボートで「道路」を急いでいる住民、そしてもちろん、それらの有名なゴンドラ-それらはすべて大運河のスペースを求めて喧嘩しています。 指定されたレーンがないので、誰でも自由に利用できます。

しかし、新しいシステムは何が起こっているかを記録するだけではありません。 ゴンドラから「トポ」(本質的には水上トラック)まで、さまざまな種類のボートを認識して、交通を分析します。 次に、番号を保存します。 また、公共交通機関の時刻表と集計し、水上バスが遅れているかどうか、遅れている場合は何分かを記録します。

労働者は「タイムマシン」を起動して振り返ることもできます。たとえば、今日まで、街への主要な入り口であるローマ広場の主要な橋の下を1,000隻以上のボートが通過しています。

しかし、観光パターンを検討している当局にとってより興味深いのは歩行者数です。 このシステムは、市内に設置されたカメラの近くにいる訪問者をカウントするだけでなく、TIM(イタリア最大の電気通信プロバイダーであるTelecom Italia)と連携して、彼らが誰で、どこから来たのかを調べます。

たとえば、この冬の日、ヴェネト地方が別の半封鎖に入る前に、これまでに13,628人がヴェネツィアに入り、8,548人が去りました。 午前7時から1時間後、通勤者であるローマ広場(道路と路面電車で街への玄関口)に1,688人が到着しました。

午前10時に、到着は2,411のピークに達しました。おそらく日帰り旅行者です。

国と地域による訪問者の追跡

2020年10月にオープンしたヴェネツィアの制御室は、観光公害の問題を管理するために、市内の人々の動きを記録しています。

当局は、訪問者を追跡することが、観光客の流れをよりよく理解するのに役立つことを望んでいます。

ジュリア・バックリー

当局は、電話データを分析することで、これらの新着がどこから来たのかを知ることができます(情報はすべて自動的に集約されるため、個人情報を収集することはできません)。

ベッティーニによれば、今週の土曜日の午後、サンマルコ広場周辺には97人の人々がいます。そのうちイタリア人ではないのは24人だけです。

そして今日まで、この地域には955人がおり、そのうち428人が海外から来ています。 イタリア人527人のうち、ヴェネツィアに居住しているのは246人だけです(携帯電話が定期的に市内にログインしている場合は、居住者としてカウントされます)。

「ご覧のとおり、日帰り旅行者の数は急です」とベティーニは言います。 これらの「ひき逃げ」観光客は通常、苦戦している都市に最も大きな被害を与える責任があるため、これは重要な情報です。 彼らはイタリアの他の地域から来る傾向があります-しばしば悪天候の日にビーチリゾートから-そしてめったにお金を使わず、自分の食べ物を持ってきて、橋やウォーターフロントで違法なピクニックを食べます。 しかし、彼らは一晩滞在しないので、当局は数えることができません-今まで。

日帰り旅行者を数え、彼らが訪れる傾向がある場所と彼らが通る通りを追跡することは、都市全体に人々を広めるために忙しい時間に非地元住民への主要な大通りを閉鎖することに頼ってきた都市にとって重要かもしれません。

Valeria Duflot、の共同創設者として 本物のヴェネツィア 持続可能な観光に取り組んでいるオンライン社会的企業は、「問題は、ヴェネツィアの訪問者が多すぎるということではありません。問題は、すべての訪問者が同じ2つの場所、サンマルコ広場とリアルト橋に行くことです」と述べています。

出身はどちらですか?

2020年10月にオープンしたヴェネツィアの制御室は、観光公害の問題を管理するために、市内の人々の動きを記録しています。

電話交換手と協力して、当局は現在市内にいる人々がどこから来たのかを追跡することができます。

ジュリア・バックリー

イタリア人は彼らが住んでいる地域によって記録されます。外国人のうち、システムは彼らがどこから来たのかを分類し(データは彼らの携帯電話が登録されている場所に基づいているので、おそらく彼らの出身国です)、それらをバーとして表示します街の地図-過密状態をリアルタイムでグラフィック表現し、数字が大きくなるにつれて色が白から赤に変わります。

今日、外国人訪問者の36%はドイツ人であり、スイス人(16%)と英国人(13%-この訪問は、新しい英国の変種が英国人の旅行者がイタリアから追放される前に行われました)。 訪問者のわずか1.312%が米国から来ていますが、米国の旅行者がまだ欧州連合から禁止されていることを考えると、それがそれだけであることは驚きです。

そして今日、ヴェネツィアには85,000人がログインしています。 本土のメストレには、はるかに多くの177,000人が住んでいます。 ブラーノ島やムラノ島などの観光客に人気のある島々には、今週の土曜日の午後、5,700人が訪れます。

当局が監視していることは他にもたくさんあります。サンマルコ広場のような場所での人々の移動速度(走り始め、マシンがあなたを強調します)、ラグーン全体の潮位(監視にとって重要) 高水 氾濫、およびいつ決定する 新しいモース防潮壁 上げる必要があります)。

このシステムの構築には3年かかり、費用は300万ユーロ(350万ドル)でした。 また、プライバシーへの影響を疑う人もいるかもしれませんが(個人データは記録されませんが、あなたとあなたの出所は基本的に街中を移動するときに記録されます)、当局は非常に誇りに思っています。

「2021年、ヴェネツィアは1600周年を迎えます」とベッティーニは言います。 「そして、私たちはテクノロジーで祝うでしょう。」



Source link

You may also like

Leave a Comment