ロボットの外骨格が機動性と仕事の支援の向上を約束– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


過去数年間で、ロボット外骨格技術の能力が大幅に向上しました。 完全に理解できる。 一つには、あなたが遭遇する珍しいテクノロジーが、それを初めて見たときに人生をより良く変えるだろうと本当に感じているのです。 率直に言って息を呑むような企業とのデモを何度も行ってきました。誰かが数年ぶりに部屋を歩いているのを見て、その配偶者があなたのそばで泣いているのを見るとそうなります。

別のこととして、この技術には2つの異なるユースケースがあります。 1つ目は、前述の可動性です。完全な麻痺であろうと、単に歩行障害のある人の動きを少し楽にするだけであろうと。 二つ目は仕事です。 外骨格は、重い物を持ち上げたり、長時間立ったりする負担を軽減する大きな可能性を秘めています。 このため、Esko Bionicsのような多くの企業は、双方にサービスを提供するために2つの異なる部門を作成しています。

ですから、それは大きな潜在的な市場です—成熟するまでには、まだ何年もかかるでしょうが。 そのため、ここでは大まかな予測についてのみ話します。 いくつかの中小企業がこのカテゴリーで意味のあるビジネスを切り開く余地はまだあると思います。

より多くの大企業がこのカテゴリーに参加しても、私は驚かないでしょう。 これは、ロボット工学のカテゴリにスタンプを付ける良い方法です。 サムスンのGEMSは確かに、今週のCESでこのカテゴリーで最大の製品です。たとえ、それが大量のステージタイムを保証しなかったとしても。 2年前のイベントでデビューし、試してみることができました。 今のところ、ニュースはバッテリーや臨床試験の開始などのハードウェアの改善に集中していました。これは、この種のヘルスケアまたはヘルスケアに隣接する製品を市場に投入するために必要な部分です。

今週のショーで発表されたサムスンのロボット工学のほとんどと同様に、陪審員は会社が製品をどれほど真剣に受け止めているかに関してまだ非常に未解決です。 昨年は、「没入型トレーニング体験」の一環としてCESに簡単に登場しました。

画像クレジット: アーチェル

一部の中小企業は、説得力のあるエントリーを披露しています。 日本を拠点とするArchelisInc。は、「歩きやすい椅子」を意味する日本語に由来する名前のArchelisFXを紹介しています。 このデバイスは、腰痛や最近手術を受けた人など、さまざまなシナリオ向けに設計されています。 同社によれば、約5,000ドルでレンタルまたは購入できるようになるという。

全体として、今年の仮想CESで展示されている外骨格は、主に方程式のモビリティ側に向かう傾向があります。 昨年のイベントでデルタ航空との提携を発表したSarcosRoboticsは特に欠席しました。 9月、同社はその関心に基づいて4,000万ドルのラウンドを調達しました。



Source link

You may also like

Leave a Comment