パーラーが暗くなると、陰謀説がオンラインで衝突する

by tobiniumu
0 comment


トランプ支持者は先週米国議会議事堂を襲撃し、ジョー・バイデンの次期米国大統領選挙の認定を一時的に停止した。

ゲッティイメージズ

いつ Apple、Amazon、GoogleがParlerを起動 先週のキャピトルヒルでの致命的な暴動の後、彼らのプラットフォームから、保守派が好む代替ソーシャルネットワークのユーザーは、フォロワーにメッセージングアプリTelegramへの参加を勧めました。

そして彼らはそうしました。

約16,000人のメンバーとの公開電報グループチャットで、ミゲルと呼ばれる1人のユーザーが、ドナルドトランプ大統領の支持者に、11月の投票が大統領から盗まれたという根拠のない主張を推し進めるためにワシントンDCに戻るよう促しました。 「みんな、選挙詐欺に抗議するために1月21日にホワイトハウスに行くすべての愛国者」とユーザーは就任の翌日を指して、パーラーライフボートと呼ばれるチャットに投稿した。 数分後、ミシェルという名前を使用している別のメンバーが、仲間のMAGAファンを振り払うためにチャイムを鳴らしました。 [a] セットアップ。”

交換とそれのような無数の他のものは、プロトランプ支持の熱狂的な世界における陰謀理論の衝突を表しています。 QAnon 一部のオンラインオブザーバーから「psyop「トランプが悪魔の性的人身売買業者と戦っていると想像する狂気の陰謀説が彼の集会に出席するように促しているにもかかわらず、保守派の信用を傷つけるように設計されています。選挙の結果に異議を唱えるために組織された抗議は、大まかにグループ化された反ファによって置かれた罠です。 反ファシスト運動、一部の保守派は言う。

投票が変更されたという反証された主張は、比較すると当たり前のようです。

偽のアイデアは大小さまざまなソーシャルメディアサイトで登場しましたが、5人が死亡したキャピトルヒルの乱闘に続いて、暗号化されたメッセージングアプリに移行しています。 しかし、より小さなプライベートメッセージンググループへの移行により、メッセージの競合が発生し、オンラインの右翼グループがさらに分裂しました。 先週の致命的な暴動は、トランプと彼の支持者が1月6日にワシントンDCで集会を推進した後に起こりました。 根拠のない陰謀説 アンティファが暴動の背後にあったことをオンラインでポップアップします。

偽情報を研究しているワシントン大学情報学校のポスドク研究員であるレイチェル・モラン氏は、「反対運動やその他の行動を定着させるための「公式の」トランプ認可イベントがなければ、支持者は就任式の前後に計画されたイベントの背後に誰が本当にいるのかわからない」と述べた。

それでも、以下を含むソーシャルネットワーク フェイスブック そして ツイッター、法執行機関および公民権団体とともに、1月20日の大統領選挙のジョーバイデンの就任に至るまでの数日間に、より多くの暴力の可能性に備えています。

法執行機関は潜在的な暴力に目を光らせています。 ザ・ 伝えられるところによると、FBIは内部速報で述べた 50の州都すべてとワシントンDCの米国議会議事堂で計画されている「武装抗議」に関する情報を受け取っていた。ソーシャルメディアでの匿名のおしゃべりには、新しいMAGA抗議が実際に反党派または民主党によって組織されているという議論が含まれている。

Facebook、Twitter、Parler、オンラインフォーラム、メッセージングアプリに投稿された赤と黄色のチラシの1つは、1月17日の午後にキャピトルヒルとすべての州都で武装した行進を呼びかけています。「民主主義が破壊されたとき、沈黙することを拒否する」と、自由の女神の画像を含むポスターを宣言します。

劇的な言葉と大胆なイメージにもかかわらず、一部のトランプ支持者は注意を促し、他の人に新しい出来事を避けるよう警告した。 「共産主義をテーマにしたチラシ/ミームが愛国者に影響を与えて暴力を振るうことを試みている」とFacebookユーザーはドナルドトランプ2020のTrueConservativesと呼ばれる公のプロトランプグループに書いた。「私たちはどの国会議事堂でも武装行進を行う計画はありません。」

他のFacebookユーザーは、ドキュメンタリー映画製作者のMichael Mooreからの発言を繰り返し、「テロ攻撃は終わっていない」と述べ、国会議事堂を襲撃した暴徒は「さらなる攻撃を計画している」と述べた。 反政府極右ブーガルー運動の報道プラットフォームとしての地位を確立しているTreeof Libertyは、そのWebサイトで、DCでの武装行進はキャンセルされ、先週の致命的な暴動を再現することを意図していないと述べた。 Tree of Libertyは行進の組織化を否定し、名前のない「イベントスポークスパーソン」を引用した。

それでも、水曜日の朝の時点でオフラインだったサイトは、州議会議事堂として識別された住所のリストを維持しており、そのうちの少なくとも1つは間違っていました。 (このサイトは、アラスカ州議会議事堂の住所を ショッピングモール アンカレッジで。 アラスカの首都はジュノーです。)Tree ofLibertyはコメントの要求に応答しませんでした。

Facebookに代わるソーシャルメディアであるWimkinで、ユーザーは1月20日にワシントンに降りる「ミリオンミリティアマーチ」に関する情報を回覧します。Twitterで、ユーザーはトランプ支持者にDCに戻るよう呼びかけるパーラーの投稿のスクリーンショットを共有しました。 1月19日「私たちの武器を運ぶ」。

非営利の研究グループAdvanceDemocracyによると、1月9日から10日まで、QAnon関連のTwitterアカウント570件から約890件の投稿に「就任式」や「20日」という言葉が含まれていました。 QAnonは、トランプと彼の支持者に対する「ディープステート」計画を誤って主張しています。 1月6日にトランプ支持者に抗議に参加するように促すソーシャルメディアの投稿を以前に見つけたAdvanceDemocracyは、火曜日に発表された別のレポートで、ソーシャルメディアプラットフォームで1月17日に関連する「同様の大衆動員努力を見つけていない」と述べた。

Facebookで、米国憲法修正第2条のデラウェア市民と呼ばれるプロガングループが1月20日にデラウェアでの集会を推進し、米国内の国会議事堂警察に致命的な銃撃を受けた35歳の空軍退役軍人「アシュリーバビットを称える」国会議事堂。 ある投稿では、グループはメンバーに「武装して」「腹を立てて」と呼びかけた。 その後の投稿によると、主催者は暴力や財産の破壊を求めていません。


Now playing:
Watch this:

Parler going dark, CES begins



1:56

The possibility of violence, though, has led social networks, including Facebook and Twitter, to crack down on Trump’s baseless claims of election fraud. When Twitter permanently barred Trump from the social network on Friday, the company cited a potential Jan. 17 attack on the US Capitol and state capitols. 

On Monday, Facebook said it would pull down content that included the phrase “stop the steal” from its platforms, which has been used by Trump supporters to push bogus claims of election fraud. Facebook users were still using the phrase on Tuesday, though the company said in a blog post it could “take some time to scale up our enforcement of this new step.” The company also indefinitely locked Trump’s official Facebook and Instagram accounts, but pages for his campaign and the White house are still posting videos of the president. One of Trump’s advisers is trying to keep the president from joining fringe social media platforms popular among extremists, such as Gab, CNN reported on Wednesday.

“It is concerning to see new platforms emerge as safe havens for extremist conversation, as it can lead to a deepening of extremist ideologies as views go unmoderated and often unchallenged,” Moran said. “However, removing these accounts from Twitter and Facebook cuts off their oxygen, stopping them from attracting large numbers of new followers and radicalizing on a larger scale.”

On Tuesday, a group of some of Facebook’s toughest critics called on the social media giant to permanently bar Trump, remove all “stop the steal” content that incites violence, allow an independent body to audit public figures and world leaders flagged for inciting violence, and release more information about enforcement of its policy. Yaël Eisenstat, who used to work at Facebook as the global head of elections integrity operations, said in the Harvard Business Review that tech companies should be held accountable for amplifying misinformation and “extreme rhetoric.” The group also called on Facebook advertisers, shareholders and employees to push for the removal of Mark Zuckerberg as CEO.

Even as major social networks crack down on election misinformation and calls for violence, some users are migrating to sites including Telegram. From Jan. 6 to 11, Telegram had roughly 11.8 million installs globally, up 97% from Dec. 31 to Jan. 5 when the app saw roughly 6 million installs, according to mobile analytics company Sensor Tower. Telegram said in its app on Tuesday more than 25 million users joined in the past 72 hours and it had more than 500 million active users.

In group Telegram chats, users shared memes about guns, spewed racist remarks, criticized big tech companies and House Speaker Nancy Pelosi. Others said Trump had “disavowed the good patriots who stood against tyranny.” One user said “Q is going to decapitate Biden and reinstate Trump as Supreme leader,” referring to the person or group supposedly at the center of the QAnon conspiracy theory. 

The Anti-Defamation League said it found a white supremacist Telegram channel that posted about future plans. “Reminder that the U.S. Presidential Inauguration day is on January 20th. That is the next date on the calendar that the pro-Trump and other nationalist crowds will potentially converge on the Capitol again,” a screenshot of the message said.

At a press conference on Tuesday, ADL CEO Jonathan Greenblatt said he expects conspiracy theories and misinformation will continue to pop up on Facebook, but the chatter could get more difficult to follow as Trump supporters, QAnon and white supremacists spread across the web.

“These groups are burrowing into darker, more difficult recesses of the internet and social media,” he said, “as well [as] 彼らの活動の多くを暗号化されたプラットフォームに移行します。」



Source link

オススメ取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Zaif←○安心安全の国内取引所
ビットフライヤー←○安心安全の国内取引所 ☓BTC以外は販売所

You may also like

Leave a Comment