テスラはフラッシュメモリの故障で158,000台の車両をリコールするように依頼しました

by tobiniumu
0 comment



(ゲッティイメージズ経由の写真)

国道交通安全局は、テスラに、ディスプレイコンソールの故障のために約158,000台のモデルSおよびモデルXの車両をリコールするように依頼しました。

手紙 テスラの法務チームに対して、NHTSAは、特定のモデルイヤー2012-2018車で、「メディアコントロールユニットの故障によるリアビューカメラやその他の安全関連車両機能の喪失につながる潜在的な安全関連欠陥」を調査していると発表しました。

問題の中心にあるのは、Nvidia Tegra3プロセッサに統合された8GBeMMC NANDフラッシュデバイスです。これは、車両が始動するたびに上書きされます。 ドライブを十分な回数上書きすると、容量に達して故障し、Teslaの接続されたMCUがブランクになります。 空いているタッチスクリーンは世界の終わりではありません。ただし、バックミラー/バックアップカメラの喪失、曇り止め/霜取り設定、特定のオートパイロットおよび方向指示器機能など、運転パフォーマンスの特定の側面を制御する場合を除きます。

NHTSAの欠陥調査局(ODI)は、調査中に、8GB eMMCNANDフラッシュメモリデバイスの予想使用寿命定格が約3,000「P / E」またはプログラム消去サイクルであることを知りました。 エージェンシーによると、これに到達するのにたった5年か6年しかかからないでしょう。 しかし、大多数の人々は、高価な車を半ダース以上使用することを好みます。そのほとんどは、2倍の長さになるはずです。

「ODIは、ドライバーに安全機能を提供するために不可欠なコンポーネントの5年または6年の平均余命は不十分であると考えています」と部門長のStephenRidellaは1月13日の手紙に書いています。 「データのレビュー中に、テスラは次のことを確認しました。 すべて メモリデバイスのストレージ容量が限られているため、ユニットは必然的に故障します。」

自動車メーカーは、2020年から2028年までの毎週のMCU修理の予測数を示す統計モデルも提供しました。交換率は、2022年初頭にピークに達すると予想されます。2020年8月の時点で、ODIは12,588件のインシデント、苦情、フィールドレポート、保証および非保証をカウントしました。 MCU交換に関連するクレーム。 2018年のモデルでさえ、10年以内にインフォテインメントシステムの「100%障害」が発生すると予測しています。

「NHTSAは、テスラがこの手紙に記載されている問題のいくつかを軽減するためにいくつかの無線アップデートを実装したと述べていますが、これらのアップデートは手続き的かつ実質的に不十分であると暫定的に信じています」と代理店は完全なリコールを求めて言った国家交通および自動車安全法の要件に従って。 問題の車両には、2012-2018テスラモデルSセダンと2016-2018テスラモデルXSUVが含まれます。

テスラは、PCMagのコメント要求にすぐには応答しませんでした。



Source link

You may also like

Leave a Comment