テスラは、ディスプレイの故障で158,000台の車をリコールするように依頼しました

by tobiniumu
0 comment


国道交通安全局はテスラに、ディスプレイコンソールの故障で苦しむ可能性のある約158,000台のモデルSおよびモデルXの車両をリコールするように依頼しました。 水曜日に代理店が発行した手紙。 これらの車両のいわゆる「メディアコントロールユニット」の故障は、所有者の車両のバックアップカメラ、気候制御、およびテスラの自動操縦運転支援システムへのアクセスを切断し、衝突のリスクを高める可能性があると安全機関は述べています。

NHTSAがテスラに修正を求めている欠陥の中心にある問題は、2012-2018モデルSセダンと2016-2018モデルXSUVのディスプレイで使用されている使い古されたフラッシュメモリチップに関係しています。 所有者がこれらのテスラの1つをオンにするたびに、ディスプレイに電力を供給するNVIDIA Tegra3プロセッサに搭載された8GBeMMCNANDフラッシュメモリチップの総容量を使い果たします。 その容量に達すると(通常は約5〜6年後)、ディスプレイはレンガになります。 マザーボード 最初に報告された 2019年の問題について。

テスラはNHTSAに対して、このチップを搭載したすべてのユニットが「必然的に故障する」ことを確認し、2020年から2028年まで続く予測される毎週の修理を示す統計モデルも提供しました。最も故障が発生したのは2022年です。

NHTSA 昨年6月に問題の正式な調査を開始しました、そして水曜日に、テスラが車両をリコールするという要求にもかかわらず、調査はまだ進行中であると言いました。 テスラが準拠するかどうかは不明です。 同社はコメントの要請にすぐには応じなかった。

手紙の中で、NHTSAは、テスラが障害を軽減することを目的とした無線ソフトウェアアップデートを発行したことを認めていますが、特に問題がバックアップカメラへのアクセスを制限しているため、当局はそれらが十分に進んでいないと考えています。連邦政府が義務付けた機能。 「「[T]これらの更新は、手続き上および実質的に不十分です」と代理店は書いています。

テスラは自動車での大型タッチスクリーンディスプレイの使用を普及させましたが、これらの初期のモデルには複数の問題がありました。 NHTSAのリコール要求の中心にあるフラッシュメモリの問題に加えて、初期のテスラディスプレイもバブリングと黄色のバンディングに悩まされていました。 彼らは典型的な自動車の基準に達していませんでした



Source link

You may also like

Leave a Comment