スーパーファミコンワールドの開店が大阪の非常事態宣言により遅れた

by tobiniumu
0 comment


ユニバーサルスタジオジャパンは 発表 スーパーファミコンワールドは来月予定通りオープンしません。 任天堂をテーマにした大阪公園のゾーンは、昨年からの立ち上げが遅れた後、2月4日にオープンする予定でしたが、昨日は少なくとも2月7日まで非常事態宣言が出されたため、それはもう起こりません。 USJは、非常事態が解除されたら、新しい開業日を発表すると述べています。

日本の非常事態宣言は当初、東京とその周辺地域に対して発行されましたが、昨日、注文は大阪を含む合計11都道府県に拡大されました。 他の場所でのCOVID-19封鎖制限と比較して、対策は特に強力ではありません。人々は外に不必要な旅行をすることを思いとどまらせ、レストランや映画館などの施設は夕方早く閉店するよう求められますが、それでも明らかにそうではありません。テーマパークを開くのに理想的な時期です。

スーパーファミコンワールドは任天堂にとって重要なプロジェクトであり、IPを新しいビジネスチャンスに拡大するというこれまでで最も野心的な試みを表しています。 公園は当初、2020年の東京オリンピックに間に合うように開園する予定でしたが、それ自体は深刻な疑問が残っています。 最終的にオープンすると、AR搭載のようなアトラクションが登場します マリオカート ジェットコースター。



Source link

You may also like

Leave a Comment