スリランカは中国の懸念の中でインド、日本との港湾協定を復活させる| アジア太平洋ニュース

by tobiniumu
0 comment


深海桟橋は、85%が中国が所有するコロンボ国際コンテナターミナルの隣にあります。

スリランカのゴタバヤラジャパクサ大統領は、物議を醸している5億ドルの中国が運営するコンテナ桟橋の隣にある、コロンボ港の深海ターミナルを開発するための日印投資プロジェクトの復活を発表しました。

スリランカの前政権による三者間取引は労働組合の抵抗の中で保留されていたが、水曜日のラジャパクサは東コンテナターミナル(ECT)が進むと述べた。

承認は、「地域の地政学的懸念」を検討した後に行われたと、ラジャパクサの事務所は、同じ港での中国の役割に対するインドの疑惑に言及して述べた。

ターミナルはスリランカ政府が51%所有し、残りの49%はインドのアダニグループと日本を含む他の利害関係者による投資として開発されると当局者は述べた。

国営のスリランカ港務局(SLPA)は、2019年5月にスリランカ、インド、日本と協力の覚書を締結し、2019年11月にラジャパクサが政権を握る前にECTを開発しました。

深海桟橋は、中国が85%を所有し、2013年に就役したコロンボ国際コンテナターミナルの隣にあります。残りの15%はSLPAが所有しています。

インドは、2014年に中国の潜水艦が中国が管理するターミナルを予告なしに訪問したときに抗議を申し立てました。それ以来、スリランカはそれ以上の潜水艦の呼び出しの許可を拒否しています。

コロンボが取り扱う積み替えコンテナの約70%は、インドの輸出入貨物でした。

2017年12月、スリランカは巨額の中国のローンを返済することができず、島の南にある別の深海港を北京の会社に引き渡し、国内外で懸念を引き起こした。

2016年7月に最初に発表された11.2億ドルの取引により、中国の国営企業は、世界で最も忙しい東西航路にまたがるハンバントタ港を99年間のリースで引き継ぐことができました。

インドと米国は、コロ​​ンボの南240 km(150マイル)にあるハンバントタにある中国の拠点が、インド洋での軍事海軍の優位性をもたらす可能性があることを懸念しています。

スリランカは、その港はいかなる軍事目的にも使用されないと主張している。





Source link

You may also like

Leave a Comment