サムスンがラップトップでアンダーディスプレイカメラ技術をデビュー

by tobiniumu
0 comment


ベゼルは存在するのに苦労しています。 ベゼルをトリミングするために、企業がノッチ、パンチ穴の切り欠き、ポップアップカメラの道を進んでいるのを見てきました。 主流メーカーのアンダーディスプレイセルフィーシューターを搭載したスマートフォンはまだ見たことがありません。 とは言うものの、ZTEはすでにディスプレイの下に自撮りカメラを収納するAxon 205Gを発表しています。 現在、Samsungはこのセグメントに参入していますが、スマートフォンでは参入していません。 代わりに、画面内カメラ付きのラップトップを紹介します。

最新の開発はサムスンの Weiboページ、同社は、皮肉なことに、ベゼルがほとんどないサムスンブレードベゼルラップトップの製品プレビューを披露しました。 画面と本体の比率は93%であると言われています。 通常のLCDの代わりにSamsungOLEDディスプレイを使用するため、アンダーディスプレイカメラを収納できます。 ディスプレイの厚さ(デバイスではない)はわずか1mmで、重さはわずか130グラムです(これもディスプレイの重量であり、ラップトップではありません)。 今のところわかっているのはそれだけです。 ラップトップに関する詳細はまだ明らかにされていません。

一方、サムスンギャラクシーZフォールド3は チップ インディスプレイセルフィーシューターを備えています。 このデバイスは2021年の後半に発売されたと言われています。 報告する サムスンは、次のギャラクシーフォールドシリーズの電話に画面内デジタイザーを組み込むことができたと述べています。 しかし、Sペンとスクリーンが接触したときの傷を防ぐスクリーン保護層の開発は困難でした。 これが、SamsungがGalaxyFoldの最初の2世代にスタイラスのサポートを提供しなかった理由です。




私は2014年に最初のブログを作成して以来、テクノロジー業界と関わりを持っています。 私は、インド最大の技術出版物の1つであるDigitと協力してきました。 現在、私はPocketnowでニュース編集者として働いており、最先端のテクノロジーを使用して執筆することで報酬を得ています。 あなたは私に連絡することができます [email protected]





Source link

You may also like

Leave a Comment